小3:全国統一小学生テストの結果がヒドイ。軽い気持ちで受けるのは考えものだった

6月 17, 2021

スポンサーリンク

今回、始めて四谷大塚の全国統一小学生テストを受けてみた小3息子。

ちなみに、塾には行っておらず、家庭学習は進研ゼミとパズルのような問題集ぐらい。以前、考える力プラスもやっていたけれども、半年程度で辞めてしまいました。

進研ゼミは真面目にやっており、学校のカラーテストでは100点取れることは多いレベルです。

 

いやー、本当にお恥ずかしながら、もっと良い点数取れると思ってたわ!(笑)

まじで。

 

記念に載せたれ。

算数:85点/150点。偏差値47。

国語:87点/150点。偏差値52。

 

良い点数だったらお高いレゴブロックを買うという約束をしていて、息子は「これは良い点数だ」と言い張るわけです。

いや、算数なんて平均点を下回ってますからね。

さすがにこれを「うん、良い点数だね」とは言えず😓

「出来が悪い」ということを一所懸命、説明してしまい、息子フテクサレル。

ア・カ・ン・・・🤢

 

「腕試し」なんて軽い気持ちで受ける試験ではなかった、ということだけはよぉぉぉく分かった

いやほんと、ここまで悪い点数取ると思ってなかったんですよ!(笑)ほんとに!😅

 

しょうがない。

「勉強ができない」と息子に刷り込むのも違うし、とにかくテストを受けられたことを褒め、頑張ったことを認め、「専用の勉強もしてないし、始めてのテストだったし、これは当たり前の結果。見直しをしっかりしよう」ということを怒らず伝えるしかないな。

偏差値にとらわれることなく、できなかった問題を見直します

解説動画があと数日だけ見られるので、急いでみなければ・・・><

 

本人は、「点数が悪くて悔しい」とはならなかったようです。

せめて「悔しい!もっと頑張る!」などとなればよかったのですが。

 

最近、やることやること間違った方向へ進んでいる感じで凹みます。

スポンサーリンク