小3男子が何気なく呟いた一言に動揺

7月 12, 2021

スポンサーリンク

小3男子が何気なく呟いた一言に動揺

記録として残すために記事にしておきますが、予告なく削除する可能性大です。

※いつものネクラ日記です。

スポンサーリンク

就学前

就学前までは、日々のことや自分の考え・気持ちを言葉で伝えることが少なかった息子。

最近になって、他愛ない学校のことなどを話してくれるようになりました。

それはとても嬉しいことなのですが。

一言

数日前、夕方いきなり

「生きていくのがイヤになっちゃった。」

さらっとね、言ってきました。

結構なパワーフレーズ。

 

努めて何事もないように

「どうして?」

と聞いたところ、

「毎日、同じことの繰り返しで面白くない」

とのこと。

・・・

 

『家でテレビを見ていたいんだろうなぁ』とハラの中で思いつつ

「やりたいこと、何かな?」と聞いたら、

3つほどスポーツをあげました(びっくり)。

実は始めていた

息子が「やりたい」と言ったスポーツのうち2つは、家族で週末に遊んでいたもの。もっとたくさんやりたい、ということなのでしょうか。

友達と一緒にできるといいのですが😭

ちなみに、習い事にはしたくないそうです。(ただ遊びたいだけ)

 

子供がやりたいことと親がやりたいことが一致しないと辛いです(逆も真なり💦)。あたい、そのスポーツはキライじゃないですが、毎週毎週やりたい訳ではない。

一緒に楽しめたら、とても幸せなことなんだろうと思います。

会話の最後は

話を戻しまして。

会話の最後には、いつも伝えている、

「大好きだよ、生まれてきてくれてありがとう」

を話しました。。。

息子には空々しく響いているのかなぁ。

 

 

少し話してくれるようになったと思ったら、重いことを言い出し(笑)

様子を見ながら、本人がやりたいことを、やるよう努めようと思いました。

私と夫の気持ち

私も夫も、

息子が小学生の間は、ただただひたすらお友達と遊びまくって欲しい、という考え。

※中学受験がない世界線です。

 

とはいえ、今住んでいる家の周りには同年代の子も少なく、なにより公園も遠い←

一人っ子だし。

理想的な環境は提供できなかったなぁ。

後悔ばっかりです。

良くないじょ。

公立の恐怖政治&コロナで

小学校の恐怖による統制を見て私が中学受験を考えるようになり。コロナ巣ごもりがキッカケで私が勉強を見るようになり。気がついたら、今の私は教育ママです。

友達とたくさん遊んで欲しいのに、息子はずっと家にいてテレビを見ている。それだったら「勉強しよう」となってしまう。

息子は、今回「勉強させられるのがヤダから(生きてくのがイヤ)」とは言いませんでしたが、それも影響しているのかもなぁ。

 

とにかく、しばらくは、まだ私が遊び相手になる日々が続きそう。

シンドイです。

(幼稚園の頃は、「小学生になるまで」と思いながら、朝から晩まで公園に行っていましたが、小学生になるタイミングで引っ越したこともあり、私が遊び相手にならざるを得ず、身体的にも精神的にもキツイ)

グチ記事すみません。

しかも!東京は、緊急事態宣言下の夏休みです。

ここが一番ハラタツノリ。

マジ勘弁してくれ。

スポンサーリンク