国語/英語の有料配信を始めた東進オンライン学校、算数/数学は無料で受けられるの?

スポンサーリンク

国語/英語の有料配信を始めた東進オンライン学校、算数/数学は無料で受けられるの?

東進オンライン学校が、2021年度より新たに国語(小学生対象)・英語(中学生対象)の授業の有料配信を開始するそうです。

東進オンライン学校、国語/英語を有料開始。算数/数学は無料で受けられるの?
東進オンライン学校ホームページより
  • 受講料:月額980円(税別)~
  • 申し込み:2021年2月1日より受け付け開始。

ここで気になるのは、これまで無料で受講できていた算数・数学はどうなるの?という疑問。受講生に送られてきたメールやホームページのFAQ、ネット上の情報を調べてみました。

スポンサーリンク

算数・数学は無料で受講継続できるのか?

2020年8月31日までに申し込んだ場合:小中卒業まで無料

小学生は卒業するまで最大6年間中学生は最大3年間、すべて無料で提供する。申込みは、東進ドットコム内の申込フォームにて、6月15日から8月31日まで受け付ける。

引用元:リセマム

2020年8月31日までに算数を申し込んでいる方は、小学生は卒業するまで最大6年間中学生は最大3年間、無料で受講できるそうです。

それ以降に申し込んだり、これから新規で申し込む場合は、以下のケースになるかと思います。

新規申込する場合:1年間は無料で受講可能

新規にオンライン学校にお申し込みをいただく場合、算数・数学は申込月の1日から1年間(12カ月間/学年末に影響されません)無料で提供します。

引用(東進オンライン学校:よくあるご質問

新規に申し込んでも、1年間は無料で受講できるということですね。

1年経ったらどうなるのかという所は、はっきり明記されていませんでした🙏💦

ただ【期間限定】という扱いは確かなようです。

なぜ無料?

「東進オンライン学校」のきっかけは、新型コロナウイルス感染拡大防止のための一斉休校でしたよね。

あの時は、いきなり慣れないホームスクーリングを始めなければならない家庭も多くあったのではないでしょうか。

多くの企業が休校対策でいろいろなサービスを提供してくれたなか、東進・四谷大塚が行ったのが、この算数・数学の無料オンライン授業でした。

本当に助かりました!ありがとうございました。

この東進オンライン学校の背景には、「いつでもどこでもだれにでも最新にして最高の教育を提供する」という、「教育の機会均等」の理念があるそうです。東進のホームページでは、冒頭、公教育の先生方の負荷を慮った発言もあります。「キレイゴト」かもしれませんが、たとえ建前であっても、教育格差を良しとしない姿勢には好感を持てます。

私自身、家庭が裕福ではなく、塾や予備校にはほとんど行かせてもらえず、何をどう勉強していいのか分からなかった悔しさがありますから、教育格差がなるべく小さい社会を望みます。

こうして、2020年4月にスタートした東進オンライン学校は、約26万人が申し込んだそうです。今回、利用者の要望に応える形で、新たに小学生向けに「国語」、中学生向けに「英語」の授業を配信することになったそうです。

実際、無料の算数の授業は、学校の授業の代替となるレベルだと思います。お子さんによっては簡単すぎるかも。「塾」からイメージされる「中学受験対策!」というような授業ではありませんでした。
つまり、無料なりの内容であり、公教育の負荷を下げる目的の内容です。

なぜ国語・英語?

東進オンライン学校のホームページの冒頭の言葉より:

(・・・省略・・・)

 そして、このたび、2021年2月より、多くの皆さまのご要望にお応えし、新たに「国語」と「英語」の授業を提供することとしました。小学生、中学生にとって最重要となるこれらの科目を徹底強化する狙いです。より多くの子どもたちに負担なく受講いただけるよう、「算数」・「数学」は期間限定で無料に、さらに「英語」「国語」も最小限の受講料に抑えて提供いたします。

引用(東進オンライン学校

小学生向けの国語について以下に見ていきましょう。(中学生の英語についてはこちらを御覧ください)

なぜ国語?

東進オンライン学校では、

小学生に大切な力は「読解力」「計算力」
すなわち、国語算数

としています。

実際、「国語ができる子は全教科できる」という東進のデータがあるそうで、小学校の時の国語力が大学受験にまで大きく影響するとしています。

↓本ブログでも関連記事を書いてます:

算数でも必要!国語力(読解力)を鍛えるために心がけていること

2020.11.26

読解力を鍛える読書の2つの方法

国語力に必要な「読解力」を鍛えるカギは読書とし、さらに、読書には2つの方法があるとしています。

  1. 精読
  2. 多読
英語Youtube:効果を感じられた英語の勉強法

2019.07.25

そして、小学生のうちに特に大切にすべきことは、「精読の訓練」としています。

東進オンライン学校の「精読」

東進オンライン学校の国語の授業では、四谷大塚の精鋭講師陣が1冊の本を取り上げ「読み聞かせ」を行いながら、じっくり精読していくそうです。精読によって正確に読み取る力、書き手の気持ちや立場になって考える力が身につくとしています。

2・3月に精読する本がホームページに載っています↓

▼1年生:『くまの子ウーフ』

created by Rinker
¥1,100 (2021/05/07 02:23:48時点 Amazon調べ-詳細)

▼2年生:『あらしのよるに』

created by Rinker
講談社
¥2,035 (2021/05/07 02:23:49時点 Amazon調べ-詳細)

▼3年生:『かあちゃん取扱説明書』

created by Rinker
¥1,320 (2021/05/07 02:23:50時点 Amazon調べ-詳細)

▼4年生:『魔女の宅急便』

created by Rinker
株式会社 福音館書店
¥770 (2021/05/07 02:23:50時点 Amazon調べ-詳細)

▼5年生:『小学五年生』

created by Rinker
¥570 (2021/05/07 18:15:39時点 Amazon調べ-詳細)

▼6年生:『君たちはどう生きるか』

created by Rinker
ポプラ社
¥836 (2021/05/07 18:15:40時点 Amazon調べ-詳細)

 

詳細が気になる方は、東進オンライン学校Webサイトをご覧ください。

授業の内容・レベルは?

算数・数学の授業は、学校の教科書レベルの内容の授業を、主な教科書の順序に合わせて進めていきます。(教科書によって進度が異なる場合があります)

英語は、学校の授業とは異なり音声先行・発音重視の授業を行います。

国語は、2か月で1冊の本をじっくりと読む、今までにない新しい授業です。

授業内容などの詳細は各学年のページをご覧ください

引用:よくあるご質問

授業の回数と配信曜日

※配信曜日のみ動画が見れるわけではありません。配信後は決められた期間内であれば基本的にいつでも見ることができます。

小学生

国語:年48回(月4回)、毎週(火)に配信

算数:年85回(月7回)、毎週(火・金)に配信

中学生

英語:年85回(月7回)、毎週(火・金)に配信

数学:年85回(月7回)、毎週(火・金)に配信

小中学生

未来発見講座:およそ60分の講演を毎月1回配信

国語・英語の受講料

受講料は月額980円(税別)より。

支払方法により料金が異なるそうです。

詳細は、https://www.toshin-online.com/qa.php の「よくある質問」を御覧ください。

申し込みについて

東進オンライン学校のホームページから申し込みできます。

算数を無料で受講しているが、有料コースを受講するには改めて申込が必要か?

既にオンライン学校に登録しているが、有料コースを受講するには改めて申し込みが必要なのでしょうか?

回答としては、必要とのことです。

これまでオンライン学校を利用していた方は、学力POS(学習システム)のログイン後「国語(英語)を申し込む」からの登録をしましょう。

※これまでの算数の学習データを引き継ぐためにも、「学習システム(学力POS)」にログイン後、右もしくは下にある「国語を申し込む」をクリックする必要があるようです。

生徒番号をお忘れの方は、こちらに手順が載っているそうです。

さいごに

本記事では、東進オンライン学校が、国語と英語の授業を有料で配信開始するというニュースを取り上げました。算数・数学の授業をこれまでどおり無料で受講できるかどうかの疑問については、2020年8月31日までに申し込んだ場合は小中卒業まで無料で受講できる、新しく登録した方も期間限定で無料で受講できるということが分かりました。

我が家では、休校があけて通常の学校の授業が始まった後、東進オンライン学校は受講できなくなってしまいました。元々勉強が嫌いな息子ですし、ちょうどはじめた【進研ゼミ小学講座】 で手一杯になってしまったからです。

しかし、分数でつまずいてしまった息子。スキップ制度を利用して、3月中になんとか東進の算数の授業を受講したいと思っています。

 

関連記事:
東進オンライン学校(全国統一オンライン講座)受講方法は?ポイント解説!

2020.04.28

小学2年生、分数の教え方

2021.02.05

 

\無料教材を体験しよう!/
【進研ゼミ小学講座】

スポンサーリンク