多摩六都科学館:2019夏休み「プログラミングに挑戦しよう!」に参加!

8月 4, 2019

スポンサーリンク

2019年夏休み本番、事前申込みした 多摩六都科学館の「プログラミングに挑戦しよう!」に参加できることになったので行ってきました。この記事では、申込みから当日の様子などを記載しています。

スポンサーリンク

事前申し込み

ロクトメンバーではなかったのですが、応募したら行けることに。ありがとうございます!!

 

当日、席が空いていた

本イベントは抽選となったようですが、当日、急なキャンセルが出たのか、飛び入り参加も受け付けていましたよ。

内容

マインドストームを使ってプログラミングしてロボットを動かしてみましょう。自分の考えた通りにロボットを動かして課題をクリアしよう! ※この教室は教員向け研修のモニターとしての参加となります

「プログラミングに挑戦しよう! ※モニター募集―イベント」より

この教室は教員向け研修のモニターとしての参加となります 」とのことで、保護者は室内まで入れません。
※今回はガラス張りの教室だったので、外から様子を伺うことは可能(スタッフの方に確認しました)。

小1男子、初めての場所で私と離れて…どうかと思いましたが、子ども一人に先生が一名、専属でついてくれるのですが、ラッキー!うちの子担当の方が若くて優しそうで可愛らしい女性!

もう安心です。(若くて優しい女性が大好きな我が息子)

レゴのマインドストームは家庭向けにも販売されています↓

家でもできるマインドストーム

株式会社アフレル:
10歳からの「教育版レゴ マインドストーム EV3 for home by アフレル」

5歳からの「レゴ WeDo2.0 for home by アフレル」

かなりのお値段!しかし、 色々とセットが付いていて、家でロボットを動かすことができる!親はよく分からなくとも子どもは直感的に進めていけそうです。これを高いとするか安いとするか。

我が家もマンションが売れたら!(笑)ぜひ、息子に買ってあげたいです。

私自身が小学校中学年のころ、カシオのおもちゃのパソコンをTVにつないで、 一連のアニメーションのプログラミングを夢中で打った記憶があります。といっても、説明書にあるコードを一字一句移すだけですよ!(笑)

円が現れて色が塗られて円の大きさが変わるようなアニメーションだったような記憶があります。何度も失敗しながら、どこまで入力できているか確認しながら・・・。

TVでアニメーションが動いたときの達成感が忘れられない。そいういう経験をしてもらいたいです。

親ができることは、そういうモノに触れ合う機会を用意するだけなのかなぁと思います。

少しだけ教室の様子

外から様子を見ましたが、最初は座学で、前に立った先生がスライドショーで説明してました。後半は実際に動かしたようです。

タブレットにあるアプリで簡単な命令を組み合わせて、ロボットを動かしていくようでした。右に向きを変える、とか、いくつ前に進む、とか。

家に帰ってから子どもに聞いた所、「赤色があったら右に向くとかするんだよ」と言ってました。色を認識するセンサーがあるんでしょうか。赤いコーンを置いていたので、その赤を目印にするのかな。

動かしている我が子、楽しそうでした。
家族以外の大人と一対一で優しく対応してもらえるなんて本当にありがたいです!!!しかも無料

我が子に関しては、まだ小1ですし、プログラミングを学ぶ目的というよりは、色々な経験値を積んで欲しいと思ってイベントに参加しています。

 

 

 

その他、多摩六都科学館のお出かけ情報(駐車場、ランチ、見どころなど)は↓

多摩六都科学館 お出かけ情報!駐車場は満車になることも。プラネタリムだけじゃ…

2019.08.04

2019年夏の特別企画展 ロクト大昆虫展など、イベントレポートはこちら ↓ です。

多摩六都科学館:夏の特別企画展 ロクト大昆虫展などイベントレポート!昆虫やば…

2019.08.01

2020冬 ロクトロボットパークに行った時の様子はこちら↓です。

多摩六都科学館:2020冬 ロクトロボットパークへ行ってきた!

2020.01.07

無料の子ども向けプログラミング教室はこちらに記事があります。

小学生向け無料で体験できるロボット・プログラミング教室特集!2020年小学校…

2020.01.22

小1息子、LITALICO(リタリコ)ワンダー 無料体験でロボットクリエイト…

2020.02.02

↓2020年4月から小学校でプログラミング教育が必修化となります。

2020年小学校で必修化のプログラミング教育とは?“教育改革2020”って何…

2019.11.28

小学校プログラミング教育が黄色信号?①ーそもそもプログラミング教育とは?

2020.01.10

広告:

Tech Kids School【テックキッズスクール】 Tech Kids Schoolでは、プログラミング言語やスキルを身につけることだけが目的ではなく、テクノロジーを武器として、自らのアイデアを実現し、社会に能動的に働きかけることができる人を育てている。「サイバーエージェント」が運営。
プログラミングの学習だけでなく、自分のアイデアや成果物を他の人に発表するプレゼンテーションの機会も定期的に設けられている。

 

Z会プログラミング講座 with LEGO(R) Education/資料請求はこちら レゴ(R)ブロックを使ったプログラミングを素材とし、未来を担う子どもたちに必要な新しい学びを提供する【Z会プログラミング講座】。まずは資料請求!

 

パズル・ロボット・プログラミング、全部できるのは、自考力キッズ 能力開発系の人気コンテンツ
・パズル
・ロボット
・プログラミング
が全部学べる、低学年向けの教室!ロボットやプログラミングに興味が湧いたら、高学年向けの教室である「エジソンアカデミー」での継続も可能

 

プログラミング教室なら、エジソンアカデミー 「アーテックエジソンアカデミー」は学校教材メーカーのアーテックが長年教育現場で培ったノウハウを活かし開発したロボット教材と、MIT(マサチューセッツ工科大学)が開発した子供向け教育用ソフト「スクラッチ」をベースにロボット用に改良したプログラミング環境を使った、他社では真似できないオリジナルのカリキュラムでプログラミングを楽しく学べるスクール。

 

10歳からの「教育版レゴ マインドストーム EV3 for home by アフレル」 世界80カ国以上の教育機関で採用される世界標準の教材で、多くの子どもが幼い頃から慣れ親しんでいるレゴ(R) ブロックと自由にプログラミングができるデジタル技術が融合した教材だ。

 

IT×ものづくり教室【LITALICOワンダー】 2019年6月には立川、7月には押上、吉祥寺に教室がオープンし、無料体験授業を積極的に受け付け中!

 

マインクラフトが学びに変わる!?楽しく学ぶ!【D-SCHOOLオンライン】 自宅で、映像で、安価に学べる新感覚の小中学生向けオンラインコース。子供達に絶大な人気を誇るマインクラフトをはじめ、英語&プログラミング、ロボットプログラミングの各コースを展開している。

 

「ロボット教室」体験授業受付中 【ロボット教室の特徴】
1.監修者:高橋智隆先生
教材ロボットの設計者は、ロボット電話「RoBoHoN(ロボホン)」、世界初の対話できるロボット宇宙飛行士「KIROBO(キロボ)」(トヨタ自動車、電通と共同開発)の開発者。
2.年に数回の楽しいイベントで理科や科学への関心や興味を高める。
3.4つのコースでレベルアップしながらもっとやりたい!という好奇心を育てる。
4.理数系の基礎力をつける。ドリルでは学べない「空間認識能力」を育む。
5.オリジナルブロック+ワークで専門的な内容も体系的に無理なく学ぶ。

スポンサーリンク