成長している小2息子、不安を口に出せるようになってきた!

8月 25, 2020

スポンサーリンク

久しぶりのブログ更新。

新型コロナウイルスの第二波(三波なのか何波なのかわかりませんが)のなか、短い夏休みが終わりました。

小2の息子もなんとか元気にやっています。

私は引きこもり自粛生活に拍車がかかり、5kg体重が増加し、食事制限で少し減ったものの、案の定のリバウンド・・・といった生活を送っています。

スポンサーリンク

息子の性格

うちの子は、傍から見ると、なんだかとってもチャキチャキした利発な子どもに見えるようなんですね・・・。

確かに、よく喋るし、目立ちたがり屋という部分もある。

しかし、実は発達凸凹くん。

目を合わせて会話できない、自分の話しばかりする、それなのに「助けて」と言えない、挨拶苦手、運動不得意、などなど第一印象とのギャップが大きい子です。

私の悩み

私の悩みは、まぁ色々ありますが、「息子と会話ができない」ことです。

息子はとても忘れんぼで、先のことを見通したり過去を振り返ることも苦手。

また、家にいる時はとにかくTVを見て「嫌なこと」を頭から追いやっているように見えます。TVの映像を見て笑っていれば、現実からも過去からも未来からも逃れられますからね。

なので、幼稚園や学校で起きた嬉しかったことや困ったことなど、ほとんど私に話してくれませんでした。

以前は、【母子関係が構築できていない】、【息子が私を信頼していない】証拠だと思って苦しんでいたのですが、今はその考え方に陥らないように私自身を変えることに成功しつつあります。

夜、寝ながら

始業式の日の夜、寝かしつけで部屋を真っ暗にした時、彼が言い出しました。

むすこ

「○○○が、僕一人だけまだできていない」

※○○○は、学校の図工の授業で作る工作だと思って下さい。夏休みの宿題ではありませんでしたが、夏休みの間、家に持ち帰ってきておりました。

一瞬、明日学校で使うんじゃないか、なぜ今言いだす?との思いが頭をよぎりましたが、グッと抑えることができた私。

それよりも、息子の成長が嬉しかったです。

未来への不安を自ら口に出してきたので、それがとても嬉して。

わたし

そうなんだね、明日、学校から帰ってきたら一緒にやろうね

と伝えることができました。

息子はまだ不安そうでしたが、「大丈夫だよ」「図工はまだ授業が先だから」と言うと、少し安心したようで、その後、すんなり寝付けたようです。

さいごに

息子も私もまた少し成長しました。

まだまだ、毎日、怒鳴りまくりの日々ですが、自分自身のためにも、できたことをブログに残していこうと思います。

補足

先生に連絡帳で正確なところを質問したところ、息子の勘違いだったことが判明。

「図工の時間に作りきれなかった子は、よかったらおうちで作って遊んでね」という指示だったそう。息子は、その指示を「家で完成させて学校に持っていかないといけない」と勘違いし、しかも、できない!と苦しんでおりました。

こういうことを一つ一つ潰していくしかないですね。

スポンサーリンク