スポンサーリンク

歴史的快挙!ラグビーW杯 スコットランド戦勝利おめでとう!&ラガーマンが素敵すぎる件

10月 14, 2019

スポンサーリンク

巨大台風19号「ハギビス」が通過し、関東だけでなく広い範囲で甚大な被害を受けました。被害にあわれた方々のことを思うと、本当に心痛を感じます。一日も早い復旧をお祈りいたします。

 

横浜では 10/13(日)、歴史を刻むラグビーW杯 予選最終戦 日本vsスコットランドが行われました。試合開始前には、両チーム、スタジアム全体で台風被害に合われた方への黙祷がありました。

また、

大一番に特別な意味を加えたのが、日本列島を襲った台風19号だった。開催が危ぶまれた1次リーグ最終戦。中止でも1位突破が決まる状況でも誰一人、それを望む者はいなかった。朝のミーティング、「19人が亡くなり、12人が行方不明と聞き、それをチームに伝えた」というジョセフHC(ヘッドコーチ)。リーチ主将も「今日は僕たちだけの試合ではなかった。試合を実現するため、いろんな人が努力した。こういう時こそ、こういう試合が役立つと分かっていた」と言った。どんな逆境でも諦めずに乗り越える。その姿を見せることが、ピッチに送り出された者の義務になった。

https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2019/10/14/kiji/20191014s00044000084000c.html

スポンサーリンク

私のラグビー知識

私、前回のラグビーW杯での五郎丸フィーバーの時に乗り遅れ。昔に、恐らく再放送?で見た『スクール☆ウォーズ』の知識と、その頃たまたまTVで観た花園ラグビーの中継で、ラグビーって面白い!と思ったぐらいの浅い知識しかありません。

また、大学の一般教養でスポーツに関する授業にて、ラグビーとサッカーの誕生に関する 原始フットボール の話(※)、オフサイドに関する話、スポーツマンシップの話・・・などを講義で受けました。その時の印象から、(近代)ラグビーはフェアプレー精神に則った集団プレーのスポーツだという理解はありました。

 

原始フットボール

※中世のイギリスの村か町対抗で、ボールのような形の何か(何?笑)を追いかけて、街なかの坂道を走って競うというような原始フットボール について講義を聞いた記憶があります・・・・が、チーズ転がし祭り と混同しているか?

そんな私でも♡・・・さぁ、あなたも応援だ!

この程度の知識の私でも興奮してスリリングにテレビに向かって応援することができました。

本当に素晴らしい戦いぶりだった!!!

『ルールがよく分からないから観ない 』 という方がいたら、本当にもったいないです!

来週の10月20日は決勝トーナメント 準々決勝で、日本はB組2位の南アフリカと対戦します。

一緒にテレビの前で応援しましょう!

 

私はサッカーもニワカで代表戦だけ観るんですが、正直、今回の試合で言えば、ラグビーの方がめちゃんこ面白かったです!!!( 今回の試合はとてつもない大一番というのも要因がデカイと思いますが )

(サッカーも好きですよ。サッカーファンの方、お気に触れたらすみません)

スコットランド戦:感想

まずは、 ↓日本のトライシーンのカッコいいビデオが観れますよ!

↓公式ホームページから 日本Vスコットランド ハイライト動画:

 

以下、あちきの雑感です:

  • プレーがとにかく激しい。タックルもとてつもない。松島幸太朗くんがタックル受けて、クビをぐきっとやっているように見えて(本人はケロっとしてましたが)、私と主人は、「うわーーーー」って。これを我々が受けたらクビの骨折れてたねって。そして、これは反則じゃないんだねって。タックル受けた後、持ち上げられたりしてる。でも反則じゃない。なんか、とにかくすごい。相手選手に突進していける勇気がすごい。素晴らしい。格好いい。
  • スクラム組む瞬間も、観ているだけで私は恐怖を感じる。あそこにガッシリ向かっていけるのは、勇敢であるたけでなく、チームメイトを信じていないと、できるものじゃないと思う。
  • 主人は、日本のスクラムが本当に強くなったんだということが本当に嬉しいみたいでした。「スクラムで行けー!」って応援してました。
  • とにかく、最初の10分で、観ているこちらが満身創痍。こんなに激しいのに、こんなに清々しい競技ってすごいなって。
  • サッカーみたいにシュミレーションするような人はいない。そんなことをしている暇はない。素晴らしい。
  • 自分の役割があって、それをしっかりこなしていく、チームのために献身的に尽くす姿が美しい。格好いい。
  • 前にボールを投げたらいけないとか、タックルした選手は相手の球出しの邪魔にならないよう速やかに(ときには両手をあげて)その場から離れるとか、なんだかやっぱり清々しい。
  • 日本の攻撃で、流選手からのパスで、右に散らして、左に散らして素早い展開。松島くん、福岡選手が絡んだ素晴らしいトライ。ラファエル選手のキックを使ったプレイ。インターセプト(というのでしょうか?)からの速攻トライ。片手で細かいパスをつないで、最後に「ジャパニーズ・マフィア」の異名をとる?稲垣選手の感動トライ。芸術的でした。
  • 一方で、スコットランドの愚直な(解説の方が言っていたとおり)、みんなでジリジリ陣取り合戦を押し込んでいくスタイルのトライもみんなの意思統一やそのやりきるパワーが素晴らしかったです。スコットランド、やはり強かったです。
  • 最後は、私、負けるか引き分けに持ち込まれると思いました。一生懸命、テレビの前で応援しましたよ~~~。両チームとも、細かい反則が続いて、手に汗握りました。日本、本当に勝ててよかったです。インタビューで、「いろんなものを犠牲にしてきて」というコメントをよく耳にします。自国開催で相当なプレッシャーもある中、どれほどの努力を積んでこられたのでしょうか。。。まずは、ベスト8という目標達成おめでとうございます!この先も応援しています!怪我には気をつけて、出し切って欲しいです。

 

出場メンバーもステキすぎる

出典: https://www.rugby-japan.jp/news/2019/10/11/50201

みなさん、素晴らしいのですが、私が気になる方を、ここに記載させて頂きまっす:

稲垣 啓太(Keita INAGAKI)選手:186cm 116kg

常に冷静沈着なイメージで強面のお兄さん。

先程も書きましたが、スコットランド戦のトライがとても格好よかった!実は代表初トライだったそうです。

口下手なように見えて、試合後のインタビューではとてもステキなコメントを残してくれ、そこもステキです。

具 智元(Jiwon KOO)選手:183cm 122kg

心優しき寡黙な男、というイメージ。ひたすらに縁の下の力持ちを精一杯やってくれそうな、信頼できるメンバーという印象。

スコットランド戦で負傷、途中交代となってしまいましたが、一生懸命プレーを続行しようとしていました。

あと「可愛い」です♡熊さんという感じ(^-^;; ← 私の語彙力のなさを露呈してますが。

リーチ マイケル(Michael LEITCH)選手:190cm 110kg

キャプテン。

言わずと知れた闘将。

タックルが本当にすごかったです。

気がつくと、居てくれる!っていう。

リーチ、そこに居てくれるの!っていう。

タックルもすごく力強いし、潰すまでが速い感じがしています。

芸人RGのあるあるじゃないですけど、タックル姿を見ると「リーチィィィィ!」って叫んじゃいますね。

姫野 和樹(Kazuki HIMENO)選手:187cm 108kg

私はラグビー歴が浅いので、よくわからないのですが、彼はジャッカルが得意だそうです!

まだ若く、次世代のホープ。

スコットランド戦で、熱くなった相手選手をなだめようとしている姿が印象的でした。

流 大(Yutaka NAGARE)選手:166cm 71kg

この方、知り合いに似てるんですよね、顔と色黒なところと小柄な感じが・・・。

でも、流さんは、知り合いとは違い、とても紳士でスマート(頭が良い)と勝手に感じています。

いつでも冷静という印象があります。

流さんからの流れるような展開によるトライが素晴らしいです(だじゃれを言ってしまった)。

福岡 堅樹(Kenki FUKUOKA)選手:175cm 83kg

すごかった。。。

速かった。

松島くんとの連携も素晴らしかった!!!

文武両道で、30台で医師になるという目標があるそうですが、そこもすごい。

医師は他にもなれる人はいますが、ラグビー日本代表での彼の個性はなかなか変わりがいないのではないでしょうか。なるべく長くラグビーに携わって欲しいなどと外野は思いますが、一度きりの人生、やりきることが大事です。

ラファエレ ティモシー(Timothy LAFAELE)選手:186cm 98kg

イケメン!!!

男前好きのそこのあなた、要チェックですよ。

そして、好プレーが光るのよ!

キックで前に出すプレーとか、すごく周りが見えてる感じなのよ!!

イケメン!!!(2回目)

私の中で、代表チームで一番のイケメンはラファエレさんです。

松島 幸太朗(Kotaro MATSUSHIMA)選手:178cm 88kg

動きが速い!!!

キレが違う!!!

イケメン!!!

笑顔が可愛い!!!

彼がボールを持つと、一瞬で何かが変わる感じ。まるで、スラムダンクの 流川楓 のよう。

スコットランドの選手と揉めた時、松島くん喧嘩っぱやい感じがあって(私が勝手に感じているだけですが)、そこもよかったわ。

中島 イシレリ(Isileli NAKAJIMA)選手:186cm 120kg

大きいの。

足が長いの。

金髪で、ダウンタウンのまっちゃんに似てるの。

タンカーみたいです。中央突破って感じが応援したくなる!

レメキ ロマノ ラヴァ選手:177cm 92kg

サモア戦で、ワタシ的に光っていた選手だと思う。

またプレーが観てみたい♫

 

ラガーマンが素敵すぎる件

ラグビーカナダ代表・ナミビア代表が台風の被災地でボランティア

くぬぅぅぅ。素敵すぎる。

「北の鉄人」て何。そして、Tシャツをイン!♡

簡単なルール&用語説明

おそらく!これだけ分かれば、もっとラグビーが楽しめる!シロートのワタシが、よく耳にした反則や単語なんかをこの記事では載せてみます。間違いがあったら許してね。

↓JSports ルール解説:イラストで分かりやすいです

概要

1チーム15人のプレーヤーが相手チームと1つのボールを奪い合い、ゴールラインに向かって相手陣地に攻め入ります。
陣地を広げつつボールを前進させて行くところから、「陣取りゲーム」とも言われます。
そして相手ゴールラインの向こう側(インゴール)にボールを持ち込み、地面につければトライとなり得点が入ります。
両チームの選手達は、このトライを得るために、お互い体をぶつけ合い、ボールを奪い合って攻防を繰り返すのです。 試合時間は、前半40分・後半40分。前半終了後に10分間のハーフタイムをとります。

http://www.honda-heat.jp/rule.html

15人で行う「陣取りゲーム」、と理解しましょう。

 

前に進むには

相手ゴールに向かってボールを前進させる方法は、次の2つだけです。 「ボールを持って進む」 「キックする」 ボールを味方にパスする時は、必ず自分より後方に投げなくてはいけません前方に投げると反則となります。
また、プレーヤーがボールを前方に落としたり、手や腕に当たったボールが前方に弾かれて進んだ場合も反則となります。

http://www.honda-heat.jp/rule.html

(サッカーと違って)前方にパスできない! ここが本当に面白い。関連反則は、ノックオンとスローフォワードです。

ノックオン

持っているボールやキャッチしたボールを、自分より前方に落としたとき。

アメトークのラグビー芸人、中川家 礼二の「のっくおーーーーん、帝京ボール」が必ず出てくる。。。気になる方は、検索してみてください。

スローフォワード

自分よりも前方にボールを投げたとき。

スコットランドがこの反則してましたね。

私は全く気づかなかったんですが、主人が「スローフォワード! スローフォワード !(してるだろっ怒)」とTVに叫んでて。しばらくしたらやっと反則とってくれたみたいですね。

スクラム以外の密集

モール

ボールを持ったプレーヤーを含め、両チーム3人以上が立った状態で組み合った状態。

モールに加わる時は、その密集地帯の一番うしろから加わらないといけない。モールの横や前から加わると、「オフサイド」になる。

ラック

※ここ、間違っている可能性大です。

タックルした人、タックルされた人(ボールを持ってる)が地面に倒れた状態で、その上で 周りのプレイヤーが密集を作りボールの奪い合いをしている イメージです。

私、ここのラックの理解が足りなくて、スコットランド戦では「?」となるシーンが多かったです。

この記事を書いてて、初めて知ったのですが(汗)、「 ラックの中では手でボールに触ることは出来ず、手でボールを取った場合は、ハンドという反則」だそうです。

ラックの見所 :

攻める側からするとラックからはスピーディに攻撃を展開したい場合が多いため、少ない人数で早くボールを動かそうとします。
守る側としては、相手の攻撃のテンポを遅らせるために、ボールを奪えないとわかっていてもラックで圧力をかけることがあります。

https://rugbymania-noside.com/about_ruck/

ラックでよく見られる反則には、「ノットリリースザボール」、「ノットロールアウェイ」というものがあります。

ノットリリースザボール

タックルを受けて倒されたプレーヤーがボールを離さない反則。相手にペナルティキックが与えられる。

これも中川家の礼二が真似していた笑・・・「ノットリリーザボーーーーール」個人的には、ノックオンよりこっちの方が好きかも。

ノットロールアウェイ

タックルをしたプレーヤーがすぐに立ち上がらなかったり、相手を離さなかったりしてプレーの妨害をした場合に取られる反則。相手にペナルティキックが与えられる。

ジャッカル

ジャッカルは反則ではなく、ビッグプレー。

タックルで倒れた選手からボールを奪うプレー。ジャッカルが獲物を食べる様子に似ていることから、このプレーが上手い元豪州代表ジョージ・スミスの愛称が「ジャッカル」となり、さらにプレーの名前となった。

https://www.jsports.co.jp/rugby/about/guide_glossary/#glossary–03__02

ボールキャリアをタックルで倒した際、DF側の選手が相手のサポート選手が来る前に、つまり、ラックが成立する前にボールを奪ってしまうことがあります。
これはジャッカルと呼ばれるプレーで、一瞬で攻守が入れ替わるビッグプレーです。
ジャッカル後は相手のディフェンスラインも整っていませんから、大きなチャンスが生まれることも多いです。

https://rugbymania-noside.com/about_ruck/

その他の反則

ノットストレート

スクラムやラインアウトの時に、ボールを入れるプレーヤーが両チームの間にまっすぐ入れられなかったこと。相手ボールでのスクラムで再開。

コラプシング

スクラム、モールを意図的に崩す反則。相手にペナルティキックが与えられる。

わかりやすい動画紹介

ラグビーのルール < 超・初級篇 > feat. Kishiboy

ラグビーのルール 第1巻 ポジション篇 feat. Kishiboy

ラグビーのルール 第2巻 ズルだめ篇 feat. Kishiboy

ラグビーのルール 第3巻 密集篇 feat. Kishiboy

ラグビーのルール 第4巻 タッチ篇 feat. Kishiboy

10/20、南アフリカ戦も応援しましょう!

スポンサーリンク