スポンサーリンク

中原中也「月夜の浜辺」

2月 22, 2020

スポンサーリンク

どこで知ったのか・・・恐らく義務教育の国語の教科書からだったと思うが、中原中也の「月夜の浜辺」という詩が好きだ。ふと思い出したので、以下に引用する。

月夜の浜辺

月夜の晩に、ボタンが一つ
波打際に、落ちてゐた。

それを拾つて、役立てようと
僕は思つたわけでもないが
なぜだかそれを捨てるに忍びず
僕はそれを、袂(たもと)に入れた。

月夜の晩に、ボタンが一つ
波打際に、落ちてゐた。

それを拾つて、役立てようと
僕は思つたわけでもないが
   月に向つてそれは抛(はふ)れず
   浪に向つてそれは抛れず
僕はそれを、袂に入れた。

月夜の晩に、拾つたボタンは
指先に沁(し)み、心に沁みた。

月夜の晩に、拾つたボタンは
どうしてそれが、捨てられようか?

出典:青空文庫

個人的に大好きです。韻もリズリカルだからそれだけで好きなのですが、読んでいるとスッと目の前に静かで穏やかな夜の海が現れます。周りには誰もいない。月明かりだけが自分を見ているような。ちょっと物悲しいんだけど、心が穏やかに落ちきます。

浜辺に打ち上げられる繋がりで思い出されるのは、唱歌『椰子の実』。 作詞は島崎藤村なんですね。

この詩は1898年(明治31年)の夏、1ヶ月半ほど伊良湖岬に滞在した柳田國男が浜に流れ着いた椰子の実の話を藤村に語り、藤村がその話を元に創作したものである。

出典:WikiPedia

柳田國男は日本の民俗学者・官僚ですね。大学時代に般教か何かで学びましたけど、忘れた。。。

歌詞『椰子の実』

名も知らぬ 遠き島より
流れ寄る 椰子の実一つ

故郷の岸を 離れて
汝(なれ)はそも 波に幾月(いくつき)

旧(もと)の木は 生いや茂れる
枝はなお 影をやなせる

われもまた 渚(なぎさ)を枕
孤身(ひとりみ)の 浮寝(うきね)の旅ぞ

実をとりて 胸にあつれば
新(あらた)なり 流離(りゅうり)の憂(うれい)

海の日の 沈むを見れば
激(たぎ)り落つ 異郷の涙

思いやる 八重の汐々(しおじお)
いずれの日にか 国に帰らん

中原中也とは?

代々開業医である名家の長男として生まれ、跡取りとして医者になることを期待され、小学校時代は学業成績もよく神童とも呼ばれたが、8歳の時、弟がかぜにより病死したことで文学に目覚めた。中也は30歳の若さで死去したが、生涯で350篇以上の詩を残した。

出典:WikiPedia

30歳の若さで亡くなったんですね。。。

実はこの「月夜の浜辺」しか知らないのですが、他のも読んでみたいな。

恐らく、中原中也と言えば、「汚れっちまった悲しみに」ですよね。

汚れつちまつた悲しみに……

汚れつちまつた悲しみに
今日も小雪の降りかかる
汚れつちまつた悲しみに
今日も風さへ吹きすぎる

汚れつちまつた悲しみは
たとへば狐の革裘(かはごろも)
汚れつちまつた悲しみは
小雪のかかつてちぢこまる

汚れつちまつた悲しみは
なにのぞむなくねがふなく
汚れつちまつた悲しみは
倦怠(けだい)のうちに死を夢む

汚れつちまつた悲しみに
いたいたしくも怖気(おぢけ)づき
汚れつちまつた悲しみに
なすところもなく日は暮れる……

出典:青空文庫

スポンサーリンク