スポンサーリンク

コロナショック、住宅ローン破綻しそうになったら・・・まずは相談!

スポンサーリンク

住宅ローン破綻しそうになったら・・・まずは相談!

スポンサーリンク

金利優遇制度の落とし穴?

マネー現代の記事『コロナショックで「住宅ローン破綻」の恐ろしすぎる現実~住宅ローン「金利優遇制度」の落とし穴』では、住宅ローンの延滞だけは「絶対に避けなければならない。延滞してしまうと、ローン破綻の道へまっしぐらということになりかねないのだ。」と断言している。

住宅ローンの「延滞が発生したときには金利優遇の対象外になる」そうで、

残高不足から住宅ローンの引き落しができずに延滞が発生すると、この優遇金利がなくなり、適用金利が上がり、返済額が増えてしまうということになる。

延滞が続くと、最悪、任意売却や競売によってマイホームを失った挙げ句、住宅ローン返済だけが残るといった事態もあり得る。

とのこと。

元銀行員の方々のアドバイス

この記事に対して、ツイッターで元銀行員の方々の意見があったので紹介しておきます。まずは、ローンを組んでいる金融機関に相談するのが良さそうですね。

参考になりそうなURL

どちらの記事も私はさっとしか目を通せておりませんが、住宅ローン破綻に関する記事になっています。

https://gentosha-go.com/articles/-/19103?page=3&per_page=1

https://www.nhk.or.jp/gendai/articles/4279/index.html

さいごに

この先の社会はどうなってしまうのでしょうか。経済への傷が浅く済んでくれると良いのですが・・・。

とはいえ、不安に駆られると精神衛生上、ほんとに良くないですよね。こういう危機があるんだとリスクを知り対処方法もあるようだと思えたので、安心につなげていきましょう。

早く収束しますように。

スポンサーリンク