2021年5月26日(水)皆既月食!日本全国で観察可能しかもスーパームーン!

スポンサーリンク

2021年5月26日(水)皆既月食!日本全国で観察可能しかもスーパームーン!

2021年の5月26日(水)は、スーパームーンでの皆既月食が起きるそうです。

しかも日本全国で観察可能で、観察しやすい時間帯に起こり、皆既食は19分程度も続くそうです。

本記事では、(まだ先ではありますが)5月26日の皆既月食について、国立天文台仙台市天文台のページを参考に💦紹介させて頂きます。

スポンサーリンク

5月26日の夜、皆既月食に

5月26日の夜、日本全国で観察できる皆既月食が起こります。

ただし、北海道西部、東北地方西部、中部地方西部、西日本では欠けた状態の月が昇ってくる「月出帯食」となるそうです。

日本では、約3年ぶりに皆既月食を観察できるそうです。

予報

各地での予報ですが、月の出以外の時刻は、各地同じとなります。

  • 18時45分~欠け始め
  • 20時09分:皆既食となる
  • 20時14分:満月の瞬間(望)
  • 20時28分:皆既食が終わる
    その後は徐々に欠けた部分が小さくなっていく
  • 21時53分:部分食が終わる

各地の予報は、国立天文台暦計算室の「月食各地予報」にて調べることができるようです。

月食とは

月食とは地球が太陽と月の間に入り、地球の影が月にかかることによって月が欠けて見える現象のことである。

引用元:Wikipedia

皆既となった月は、「赤銅色(しゃくどういろ)」と呼ばれる、赤黒い色に見えるそうですよ。

私、月食は欠けた部分が全く見えなくなると思っていたのですがそうではなく、赤みがかった暗い色(赤銅色)に見えるそうです。しらなんだー。

なぜ赤黒く見えるのかなど月食については、国立天文台の「月食とは」というページで詳しく紹介されています。

スーパームーンが皆既月食に

5月26日の満月は、2021年で地球に最も近い満月だそうです!

地球に最も近い満月は、最も遠い満月に比べて、視直径が約14パーセント大きく、約30パーセント明るく見えるそうですよ。

確かに、たまに夜空を見て「月、デカっ」とビックリすることがありますよね。

どうして大きさが変わる?

”月は、地球の周りを公転しています。

月の軌道は円形ではなく楕円形をしているため、地球と月との距離は一定ではありません。

また、月の軌道は太陽や地球などの重力を受けて変化するため、満月や新月のときの距離は、(中略)毎回異なります。”

引用元:国立天文台

さいごに

本記事では、2021年の5月26日(水)の皆既月食についてお伝えしました。

5月で季節も良いですし、晴れたら是非、家族みんなで観察してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、2021年の2度目の月食が起こるのは11月19日とのこと。

5月はまだ先ですが、我が家も忘れないよう気をつけます

 

以前、誕生日プレゼントで買った望遠鏡。今回も使うかな?

created by Rinker
スコープテック
¥11,000(2021/10/18 07:16:59時点 Amazon調べ-詳細)

↓もう一ランク上のです。

created by Rinker
スコープテック
¥19,800(2021/10/18 06:11:10時点 Amazon調べ-詳細)

8歳誕生日プレゼントに天体望遠鏡セットがよかった!木星と土星も見える!★

2020.11.01

参考URL

スポンサーリンク