発達凸凹小1息子:優しさが足りない・・・

10月 16, 2019

スポンサーリンク

私が学校に行く日々が続く(注意:息子のために行っているワケではないのですよ)。

 

掃除が始まり、教室で雑巾がない子がいて困っていた。我が愚息に「〇〇くんに雑巾を貸してもいい?」と聞いたら、「また?ヤダ!」って。・・・うん、たしかに前も借りたかもしれない。

でもさぁ、君はいま雑巾を使ってないし(別な掃除をしていた)、減るもんじゃないし、なんでイヤなんだ・・・。と、聞いたり諭したりしたいのだが、耳をふさいで荒れるだけなので、私のお口をチャック。

他の女の子にお願いしたら、快く「いいよ!」

(うちの子、一人っ子ですがモノへの執着がすごいです・・・)

授業中に手を挙げて指されると「忘れました」とよく言っていた愚息。

今回、学校公開(授業参観のようなものですね)にて、また果敢にも手を挙げて、今度はちゃんと答えられた!

先生、指してくれてありがとう(笑)

この時も、「忘れちゃうんだったら手を挙げなきゃいいのに」と喉元まで出かかった言葉を飲み込んだ。苦かったけど、飲み込んで良かったわ。

いつの日か・・・人への優しさも持てるだろうか。

3年生、4年生くらいになったら、私の小言もさらっと聞けるようになるだろうか。

もしくは、私がさらっと言えるようになるだろうか。

今はまだ、 お互いに私の小言に時間を費やす時期ではないと思っている。

スポンサーリンク