東京大空襲・東日本大震災:発達凸凹の子どもにいつどのように伝えるべきか迷う

3月 11, 2020

スポンサーリンク

今から75年前の3月10日、東京大空襲によって死者10万人以上、 罹災者100万人以上もの犠牲が出た。

二度とこのようなことがあってはいけないと思う。心に誓う。

今から9年前の今日、3月11日。東日本大震災。1万5千人を超える死者と 2500人を超える行方不明者が出た。

津波の恐ろしさ、家族や大切な人を失う辛さ。その状況を想像し思いを寄せる。新聞によると全国に散らばる避難者は4万7千人を超える。今なお現在進行形なのだ。

息子はニュースを見て、「東日本大震災って何?」というようなことを聞いてくる。「大きな地震があったんだよ。たくさんの人が亡くなったんだよ」と伝えるが、津波や原発の恐ろしさを伝えることはまだできない。

同じく戦争の恐ろしさもまだ具体的には伝えられない。

息子は不安が強いから・・・

「戦争は絶対にいけないんだよ」と言うに留める。

もう少し大きくなるにつれて少しづつ伝えていきたいし、そのために私もしっかりした情報を知りたいと思う。

こんな人が書いています:

藤原のパタリロ

藤原のパタリロ

発達凸凹の一人息子がいるアラフィフ。夫 FP2級持ってる。 留学経験あり(TOEIC 855点)、元IT関係に従事。ADHD/ASD疑い(WAIS受診済みIQ:121)。 ガーデニング好き。 子どもの意志を尊重したい。でも賢くもなって欲しい。育児にまつわることを書いていきます。 詳細>>

\無料教材を体験しよう!/
【進研ゼミ小学講座】

\楽しくできたよ★今なら2回無料体験/
子供向けオンライン英会話 hanaso kids(ハナソ キッズ)

~中学受験!?モヤモヤしたら資料請求・無料体験申込み~
元SAPIX・日能研・四谷大塚講師が運営。プロ講師が個別指導。
\難関校受験ワンランク上を求めるなら/
Z会小学生向けコース。学年別「おためし教材」さしあげます!