スポンサーリンク

子連れでも!ぐるっとパスで東京都内の美術館・博物館をお得に楽しもう

9月 4, 2019

スポンサーリンク

東京の95施設への入場券・割引券が1冊にまとまったお得なチケットブック 「東京・ミュージアム ぐるっとパス2019」。みなさんご存知でしょうか?美術館だけではなく、 動物園や科学館も対象施設になっているため子育て世代にも嬉しいパス!東京だけでなく横浜の7施設も対象に入っているそうです。季節はこれから芸術の秋。ぐるっとパス でお散歩も楽しみながら、新たな東京を見つけに行きましょう!

ぐるっとパス

 

ちなみに、
私は後述する理由でまだ購入してなかったのですが、私の好きな施設が対象になっている!上野動物園、科学技術館、国立科学博物館、日本科学未来館、井の頭自然文化園、多摩六都科学館、江戸東京たてもの園 、多摩動物公園 …むむむ。きっと今後も続くと思うので、いつか利用したいです!

ちなみに2、
「ぐるっとパス2020」の発売は既に決定しているようで、『 「ぐるっとパス」のウェブサイト上で2020年2月ごろに詳細を発表いたします。』(「東京・ミュージアム ぐるっとパス2019」 Q&Aより引用) となっていますね。

ぐるっとね

スポンサーリンク

販売価格、 販売期間、有効期間

  • 【 販売価格 】2,200円(大人料金のみ)
     各施設指定の展示を半券1枚につき1回ご利用いただけます。
  • 【 販売期間 】
     2019年4月1日(月)~2020年1月31日(金)
  • 【 有効期間 】
     最初に利用した日から2ヶ月間
     ※最終有効期間は2020年3月31日(火)

どのくらいオトクになるの?

「ぐるっとパス2019」は、約42,000円相当の入場券と、約4,900円相当の割引券が1冊になり、2,200円で販売されています。ただし、実際に利用した施設、展示内容によってオトク感は異なってきます。行きたい施設、展示の内容・時期を事前に確認することが大事になってきます。

また、最初に利用した日から2ヶ月間 しか使えないという制約が、実際にどれだけ活用できるかに大きく影響してくるでしょう。

私のよく行く場所でシミュレーション!

施設名お得代金
上野動物園
 入場料
¥600
科学技術館
 常設展
¥720
国立科学博物館
 常設展
¥100
 特別展¥100
日本科学未来館
 常設展
¥620
井の頭自然文化園
 入場料
¥400
府中市郷土の森博物館
 博物館入場料
¥300
 プラネタリウム観覧料¥600
多摩六都科学館
 観覧付入館券 
¥1,000
江戸東京たてもの園
 入場料
¥400
多摩動物公園
 入場料
¥600
  
 ¥5,440

ぐるっとパスは 2,200 円なので、3,240円オトクです!

※2カ月の間に上記施設に全部行ければ、です(^ー^;;

注意点

  • 1冊のパスを何人かで共有して使用することはできません。1名用で記名式。記名者以外は使えない仕組みになっています。
  • 子ども用のパスは用意されていません

2つの違い

ぐるっとパスは、無料で入場できるか、割引で入場できるか、2つの違いがあります。

入場: パスのみで入場できます。
割引: 割引券として使用できます。

※割引金額は、展覧会情報(公式PDF)をご覧ください。

使える施設

以下、公式ホームページより転載(2019.9/4):

上野周辺エリア

東京・皇居周辺エリア

港・渋谷・目黒・世田谷エリア

  • 施設番号26 : パナソニック汐溜美術館 : 常設展 入場 : 企画展または特別展 入場
  • 施設番号27 : 浜離宮恩賜庭園 : 常設展 入場 : 企画展または特別展 −
  • 施設番号28 : 大倉集古館 : 常設展 − : 企画展または特別展 入場  ※
    ※工事のため休館中。2019年9月リニューアルオープン予定。
  • 施設番号29 : 菊池寛実記念 智美術館 : 常設展 − : 企画展または特別展 割引
  • 施設番号30 : 泉屋博古館分館 : 常設展 − : 企画展または特別展 割引 ※
    ※12月21日より改修工事のため休館。
  • 施設番号31 : 森美術館 東京シティビュー : 常設展 割引 : 企画展または特別展 割引
  • 施設番号32 : 国立新美術館 : 常設展 − : 企画展または特別展 割引
  • 施設番号33 : 渋谷区立松濤美術館 : 常設展 − : 企画展または特別展 入場
  • 施設番号34 : 戸栗美術館 : 常設展 − : 企画展または特別展 入場
  • 施設番号35 : 山種美術館 : 常設展 − : 企画展または特別展 割引
  • 施設番号36 : 東京都写真美術館 : 常設展 − : 企画展または特別展 入場 ※
    ※半券1枚につき指定の展示を1つのみ入場できます。
  • 施設番号37 : 国立科学博物館附属自然教育園 : 常設展 割引 : 企画展または特別展 割引
  • 施設番号38 : 東京都庭園美術館 : 常設展 入場 ※ : 企画展または特別展 入場
    ※庭園にご入場いただけます。
  • 施設番号39 : 目黒区美術館 : 常設展 − : 企画展または特別展 入場
  • 施設番号40 : 郷さくら美術館 : 常設展 入場 : 企画展または特別展 入場
  • 施設番号41 : アクセサリーミュージアム : 常設展 入場 ※ : 企画展または特別展 入場 ※
    ※8月1日~31日は休館。
  • 施設番号42 : 五島美術館 : 常設展 − : 企画展または特別展 入場 ※
    ※8月5日~30日は、夏期整備期間のため休館。
  • 施設番号43 : 静嘉堂文庫美術館 : 常設展 − : 企画展または特別展 入場 ※
    ※8月5日~30日は、休館。
  • 施設番号44 : 世田谷文学館 : 常設展 入場 : 企画展または特別展 割引
  • 施設番号45 : 世田谷美術館 : 常設展 入場 : 企画展または特別展 割引

新宿・練馬・池袋・王子エリア

墨田・深川・臨海エリア

多摩エリア

神奈川・千葉・埼玉

企画展・特別展などの期間限定モノを調べるには?

例えば、「今週末、ぐるっとパスでオトクに回れる企画展・特別展はなんだろう?」という時、公式ホームページで調べることができます。

参考までに、ホームページ画面をキャプチャしておきます。

ホームページ画面をキャプチャ

公式 twitter でも情報を得られることができます:

もっとオトクに! 交通機関とのセット商品

「ぐるっとパス2019」には、交通機関の乗車券とのセット商品もあります。

息子は鉄道好きにはならず、移動もクルマが多いのですが、公共の交通機関をよく利用される方は、セット商品もオトクに活用できたらいいですよね。

 

※詳細は各社ホームページをご覧ください。

もっと楽しむ:スタンプラリー

友人に、とてもスタンプラリーが好きなお子さんがいます。ぐるっとパスでもスタンプラリーが!しかも応募すると 素敵なミュージアムグッズなどのプレゼントが貰えます!

「ぐるっとパス2019」対象施設の7つのエリアから1館ずつ、7館分のスタンプを集めて応募!!

※詳細は ホームページをご覧ください。

私がまだ買えない理由

私の場合、以下理由でまだ使っていません:

  • 最初に利用した日から2ヶ月間という条件が厳しい
  • 企画展・特別展は展示期間が限られており、予定を組むのが難しい

夏休みの2ヶ月間使うという手もありそうですが、お気に入りの施設を年間パスポートを使ってリピートする私のようなスタイルには向いてない気がしています。

しかも、せっかく使うなら最大のお得感を感じたいワケでして。貧乏性だから。

ご自分のライフスタイルに合わせて選びましょう!

(子離れ・親離れ後、私は主人と一緒に行きたいのですが・・・彼は一緒に行ってくれるかな)

ぐるっとパスの最大の利点とは

元々美術館巡りを愛する方には、とても利用価値のあるパスですよね。そうではない、たまに美術館などへ行く人々にとって最大の利点とは、

「ぐるっとパスがなかったら存在すら知らなかった素晴らしい展覧会、施設に行けた!」という出会い、だと思うんですよね。

お散歩しながら、はたまた施設から施設へ歩いてウォーキングしてみたり…想像すると楽しくなってきますね。

みなさん、オトクに東京を楽しみましょう。

スポンサーリンク