スポンサーリンク

Google Search Console:「ドメインのTXTレコードで確認トークンが見つかりませんでした。」 MixHost利用

スポンサーリンク

本サイト(お名前.com、MixHostを利用)を Google検索対象にしようと新しい Google Search Console で色々やっていたら、「ドメインの txt レコードで確認トークンが見つかりませんでした。」とエラーが出たので回避方法を記載する。勘違い、理解不足等あったらすみません。とりあえず、こうやったらできたよということで。

ここのドメインは お名前.com で取得して、サーバーは MixHost です。

スポンサーリンク

「サイトの所有権 持ってるよ」と Google Search Console に教えたい

Google 検索対象にするために、「サイトの所有権 持ってるよ」と Google Search Console に教えたいのに、途中でエラーが出た。以下に私が行った手順をメモメモ。

「DNSレコードでのドメイン所有権の確認」

サイトの所有権の確認をさせないと Google Search Console は使えない。

「DNSレコードでのドメイン所有権の確認」画面。②のレコードをクリップボードにコピーしDNS設定に追加する。

図にある ②の TXTレコードをDNS設定にコピーしないといけない。下記情報を頼りに、 お名前.com にログインし追加してみる。

お名前.com の設定

お名前.com ログイン > [ドメイン設定]  >  [DNS関連機能の設定]
お名前.com ログイン > [ドメイン設定] > [DNS関連機能の設定]
お名前.com にて:TYPE に「TXT」、VALUEに「レコード」をペーストし、 レコード追加。
お名前.com にて:TYPE に「TXT」、VALUEに「レコード」をペーストし、 レコード追加。

図のTTLがなんだか分からなかったが、あまり重要ではなさそうなので、デフォルト値を使うこととする。

TTL(Time To Live)とは、一旦DNS経由でドメイン名の名前を解決(ドメイン名とIPアドレスを結びつけること)した場合、その情報をキャッシュしておく時間(数値は秒)のことです。86440と指定されていれば、それは24時間のことです。3600なら1時間、604800なら1週間です。  

https://qiita.com/eyesonly/items/734a2bea185be30103fc

さぁぁぁ、やぁーっておしまい!
[確認] ボタンをポチッとな!

ドメインのTXTレコードで確認トークンが見つかりませんでした。エラー

エラー出た。

「ドメインのTXTレコードで確認トークンが見つかりませんでした。」とエラー。
「ドメインのTXTレコードで確認トークンが見つかりませんでした。」とエラー。

画面のエラーメッセージの中で、

redirect=_spf.mixhost.jp

とある。ふむ、サーバーである MixHost 側でも設定しないといけないらしい。

mixhost の設定

MixHost にログイン > [cPanel] > [Zone Editor] に 遷移。

mixhost  の  cPanel 画面
mixhost の cPanel 画面
名前、種別、レコードに値を設定しレコードを追加。
名前、種別、レコードに値を設定しレコードを追加。

所有権を確認しました

再び[確認] ポチッとな!

所有権を認めてくれたのねぇ。よかった。
所有権を認めてくれたのねぇ。よかった。

とりあえず、サイトタイトルの「キャッカンシ」でGoogle検索したら表示されました。

参考サイト

スポンサーリンク