小2息子が夏目漱石『坊っちゃん』の一節に笑い転げる

3月 5, 2021

スポンサーリンク

小2息子が『坊っちゃん』の一節に笑い転げる

以前、古本屋さんで購入した『読んでおきたい日本の名作―齋藤孝の音読館』。

現在、Amazonでも残念ながら中古の扱いだけのようです。

こちらの本の中に、夏目漱石の『坊っちゃん』が抄録の形(抜粋形式)で掲載されています。

まだ触りのみですが、息子に読み聞かせをしていたところ、ある一節で彼が大笑い。

まさに抱腹絶倒した箇所があったので、紹介してみますね。

ちなみに、私自身は大学生の頃、新潮文庫の『坊っちゃん』を初めて通して読んだように記憶してます💦

created by Rinker
¥319 (2021/04/13 14:36:29時点 Amazon調べ-詳細)

新潮文庫は表紙がイイですよね。
しおりになる紐もついていて、大好きです。
(今の私には字が小さくなってしまいましたが😂)

スポンサーリンク

「日本の名作」収録作品

読んでおきたい日本の名作―齋藤孝の音読館』の収録作品は8編。

  • 宮沢賢治『セロ弾きのゴーシュ』
  • 芥川龍之介『魔術』
  • 新美南吉『おじいさんのランプ』
  • 鈴木三重吉『ぶしょうもの』『少年駅伝夫』
  • 太宰治『走れメロス』
  • 夏目漱石『坊っちゃん』(抄録)
  • 菊池寛『入れ札』

各作品に齋藤先生の読み方ガイド作者の解説が丁寧に記述されています。

ルビも多く振られており、低学年の子でも本好きであれば、一人で読み進みられそうです。

齋藤先生の本では、一部分のみを紹介する名作集もあるように思うのですが、個人的にはあまり好きではありません

こちらは『坊っちゃん』以外は全編載っています。

『坊っちゃん』(抄録)の掲載内容

『読んでおきたい日本の名作―齋藤孝の音読館』坊っちゃん

『坊っちゃん』(抄録)の掲載内容ですが、

  • 導入部分における性格描写・家族紹介エピソード
  • 松山中学校赴任後の生徒との掛け合い

が載っているようです。

息子の爆笑ポイントとは?

『坊っちゃん』の有名な導入部分を、インターネット図書館・青空文庫さんから引用させて頂きます:

 親譲おやゆずりの無鉄砲むてっぽうで小供の時から損ばかりしている。小学校に居る時分学校の二階から飛び降りて一週間ほどこしかした事がある。なぜそんな無闇むやみをしたと聞く人があるかも知れぬ。別段深い理由でもない。新築の二階から首を出していたら、同級生の一人が冗談じょうだんに、いくら威張いばっても、そこから飛び降りる事は出来まい。弱虫やーい。とはやしたからである。小使こづかいに負ぶさって帰って来た時、おやじが大きなをして二階ぐらいから飛び降りて腰を抜かすやつがあるかとったから、この次は抜かさずに飛んで見せますと答えた。

引用:青空文庫

息子が大爆笑したのはどこの部分だったでしょうか?

最後の『この次は抜かさずに飛んで見せますと答えた。』です!

爆笑ぶりが激しすぎて、我が子ながらちょっと・・・いや、かなり心配に(笑)

これ、もしかしたら意味を勘違いしている可能性もあるぞ🤣

 

他の爆笑ポイントですが、

松山中学校の中学生の「おくれんかな、もし」も面白かったようですが、それ以上に、

(中略)ただ帰りがけに生徒の一人がちょっとこの問題を解釈をしておくれんかな、もし、と出来そうもない幾何きかの問題を持ってせまったには冷汗ひやあせを流した。仕方がないから何だか分らない、この次教えてやると急いで引きげたら、生徒がわあとはやした。その中に出来ん出来んと云う声がきこえる。箆棒べらぼうめ、先生だって、出来ないのは当り前だ。出来ないのを出来ないと云うのに不思議があるもんか。そんなものが出来るくらいなら四十円でこんな田舎へくるもんかと控所へ帰って来た。

引用:青空文庫

 

「わあっ、できん、できん!」でも大笑いしてました。

小学校へ通っているので、先生と生徒とのやり取りは映像として想像もしやすいでしょうし、面白いのでしょうね。

さいごに

小学生でも一緒に読み聞かせをすると楽しいですね。

古い言葉は、息子も分かる言葉にテキトーに💦読み替えて一緒に楽しみました。

母としては、これからも一緒に読み進めていきたいのですが、息子自身ドラえもん漫画など読みたい本があり、なかなか時間が取れません😅

少しでも機会を見つけて、これからも読書を楽しむ時間を大切にしようと思います。

 

興味のある方、図書館などで借りてみてはいかがでしょうか。

オススメです。

created by Rinker
¥319 (2021/04/13 14:36:29時点 Amazon調べ-詳細)

スポンサーリンク