評価されることが怖い

11月 14, 2019

スポンサーリンク

子どもの「デキ」は母親の成果、子どもの今の状態が、母親としてのあらゆる能力(家事、育児、コミュ力、子どもへの献身度合い、その他)を評価する尺度』などという価値観が大多数で共有されているから、私を含め、母親は(周りに対しても、子どもに対しても)攻撃的になるのではないか 。

もしかしたら、学校の先生もそうなのかもしれない。教室の今の姿が自分自身の成果であり、評価対象という思い込み。だからあんなにも狂ったように怒る先生がいるのだろうか。

ま、単に「不幸な人(幸せではない人)」もいると思うけれど←自分のイライラを周りに撒き散らさないと気がすまないタイプ。かくいう私も怒りを抑えられないタイプですが(汗

 

しかし、子どもは別人格だし、親や先生の所有物ではない。忘れないようにしなければ。

ふと、そんなことを思った。

こんな人が書いています:

藤原のパタリロ

藤原のパタリロ

発達凸凹の一人息子がいるアラフィフ。夫 FP2級持ってる。 留学経験あり(TOEIC 855点)、元IT関係に従事。ADHD/ASD疑い(WAIS受診済みIQ:121)。 ガーデニング好き。 子どもの意志を尊重したい。でも賢くもなって欲しい。育児にまつわることを書いていきます。 詳細>>

\無料教材を体験しよう!/
【進研ゼミ小学講座】

\楽しくできたよ★今なら2回無料体験/
子供向けオンライン英会話 hanaso kids(ハナソ キッズ)

~中学受験!?モヤモヤしたら資料請求・無料体験申込み~
元SAPIX・日能研・四谷大塚講師が運営。プロ講師が個別指導。
\難関校受験ワンランク上を求めるなら/
Z会小学生向けコース。学年別「おためし教材」さしあげます!