スポンサーリンク

【DIY】隠す傘立てで玄関をスッキリ!簡単作り方

7月 18, 2019

スポンサーリンク

2019年の梅雨はとても長かったですね。さて、みなさんのお家には「傘立て問題」※は存在しますか。

※傘の最適な収納方法を決めあぐねて、傘が玄関の隅などに追いやられているような状態。

うちでは、熟考の末、玄関の靴箱の扉裏に隠すことにしました。↓こんなカンジ。

隠す傘立て。
隠す傘立て。

タオル掛けのようなものを上下に付けて、傘の柄の部分を上に引っ掛け、下の棒で傘がブラブラするのを抑える形です。

メリットは、隠せるのでスッキリ

デメリットは、傘をしっかり乾かしてから畳んでしまわなければならず(これはどんな傘立てでも一緒ですかね)、連日、雨が降っている時にちょいと引っ掛けておくという使い方ができない。また、さっと取り出したり仕舞ったりができないため、人によってはイライラしてしまうかも。あと、柄がない傘は引っ掛けられないあまりたくさんの傘を収納できない点(うちのは大人4本、子ども1本までは収納できます)。

デメリットの方がたくさん(笑)

DIY失敗点は、高い場所に設置してしまたっため、小1の子どもがひとりで傘を取れない点。シマッタ。成長を待つしかない。

私のDIYはイロイロとザンネンなのですが、場所を取らず隠せて嬉しいので、おおむね気に入っています(主人はあまり気に入ってない模様)。

スポンサーリンク

作り方

設置する場所の長さをメジャーで図る。

まずは扉の裏側に傘を引っ掛けられるスペースがあるかどうかを確認してから、横幅と奥行きをメジャーで図ります。下図の a と b の所。

材料を買うのに長さを把握。
材料を買うのに長さを把握。

必要な材料を入手。

ゲンコというんだって。
ゲンコというんだって。
アップ。
アップ。

あと丸太棒。棒は長さと、あとはゲンコの穴にぴったり入る太さかどうかに注意です。

棒をカットする。

ホームセンターでは無料でカットしてくれる所も。私は、DIY初心者であらかじめ設計図が描けないので、ゲンコや棒の現物を扉にあてがって出来上がりを確認しつつ測りながら作業したので、家で何回もカットし調整しました。丸太棒は細いので、おもちゃのようなノコギリで簡単にカットできます。

ドライバーでネジ止め設置。

はい、何回か失敗します。でも、扉裏だから目立たない!

ネジ止め失敗。扉の裏だから、このまま放置!
ネジ止め失敗。扉の裏だから、このまま放置!

使っている電動ドライバー↓

スポンサーリンク