スポンサーリンク

【DIY】表札:House Number Sign 多肉寄植えプランター付き

7月 18, 2019

スポンサーリンク

↓参考にした美しい表札(こちらは「ザンネン」ではなく「ファビュラス」):

Youtube に作り方あった…見ておけばよかったー。目指したのはここなのに…

はい、↓ザンネンな表札。あたいの出来上がりはこんなカンジ。
ぼかしてる所は、名字(アイアン文字)と住所番号(木の数字ブロック)です。

なんだろう。今ひとつ感。
なんだろう。今ひとつ感。

うーん、イロイロとザンネン!
・・・果たして作り方を知りたい方、いらっしゃいますかね。

スポンサーリンク

ざっくり作り方

表札の設置場所が郵便ポストの上しかなかったため、インターフォンをどう回避するか、そこを適当にしてしまったことが、最初のザンネンロードへの曲がり角でした。

 セリア すのこ、 セリア ボックス、数字ブロック、アイアン文字、(ここには写ってないけど)長方形ベニヤ2枚
セリア すのこ、 セリア ボックス、数字ブロック、アイアン文字、(ここには写ってないけど)長方形ベニヤ2枚

家にあったセリアのすのこを分解して、端材のベニヤ2枚に並べてネジと釘で固定します。

名字はローマ字のアイアン。本当はカタカナがよかったけど見つけられず。Amazonで大きさも値段も手頃なものがありました。

住所番号は木でできた数字ブロック。大きすぎ&厚すぎてバランス悪かった。ケチらずにアイアンの数字にしておけばよかった。ええ、ケチったんです!しかもブロックに無色透明のニスを塗ったら全体的に色調が似てしまい、数字の視認性が下がったので、 セリアの黒アクリル絵の具を塗ってしまうま。ここらへんから残念ロードまっしぐら。

多肉ちゃんを入れている木箱も、みんな大好きセリア製。 ネジと釘で固定しました。

雨ざらしになるので、木部は最後にまとめてニスを塗りました。

多肉ちゃんをいくつか木箱に入れて完成。表札は郵便ポストに両面テープで貼りました…(いつかネジ止めしたいと思いつつ放置)。

多肉ちゃんは可愛いなぁ。左の子、白い花が咲いたよ。
多肉ちゃんは可愛いなぁ。左の子、白い花が咲いたよ。

業者に表札を依頼すると、最低でも一万円ぐらいするのでしょうか。しかもあんまり可愛くない(どの口が言う?笑)。この子も残念ではありますが、安上がり(多分3000円してない)&ユニークなので、愛着が湧いています。

スポンサーリンク