DIY:カラーボックスを本棚にリメイク!棚の高さ変更&ペンキ塗りも!道具があれば素人でもできる!

8月 7, 2019

スポンサーリンク

古いカラーボックスを本棚にリメイクしてみた。それなりにリメイクできたので方法を紹介。注意点は、素人ではあるが、そこそこの道具は揃っている点だ。意外と簡単なのだが、試行錯誤は行ったので、その経過も載せる。

ビフォア
ビフォア
アフター
アフター

スポンサーリンク

目的

目的は、本棚にすること。

TBSブリタニカの世界名作絵本の背が高すぎて、一般的なカラーボックスに収納することができない。

アフターの段を見て頂けると分かるが、赤い背の高い絵本を入れるために、下の段の高さを高くし、真ん中の段をその分、高さを縮めている。一番上はそのまま変更なし。

手順

  1. 真ん中、一番下の段の高さを変える。
  2. 電動のサンダーでやすりをかける。
  3. WATOCOオイルを塗る。
  4. WATOCO二度塗り。
  5. カラーボックスの内側をターコイズのペンキで塗る。

段の高さを変える 

写真を撮っておかなかった。。。

言葉で説明するならば、真ん中の段の背中に当てるベニヤ板を必要な高さに切る。そして、棚板を締め直す。

図で説明してみよう。

fig1.
fig1.

a の側面の板をネジを外して取り外す(fig1)。
b の横板も反対のネジを外して取り外す (fig1) 。

fig2.
fig2.

d の背中の板を抜き出し、 fig2 の破線のように、良い高さになるようにノコギリでカットする。

c+d’(短い方)の高さで b をネジ止めし、 c+d’(短い方) をはめる。

d"(長い方)もはめる。

a の側板をネジ止めして完成。

サンダーでやすりがけ

電動サンダーでヤスリがけ。ちょっとかけすぎたかもしれない。もう少し荒く全体に掛けたほうが良い味が出たように思う。

電動サンダーでやすりがけ。やりすぎた
電動サンダーでやすりがけ。やりすぎた

ワタシが使っている電動サンダーは「URCERI サンダー 電動式 180W 14000RPM」。ネットで検索してこれをお勧めしている方がいて、とても安かったので(確か当時3,000円前後)価格で選んだ。ちなみに、今は品切れの模様(2019/8.12)。

URCERI サンダー 電動式 180W 14000RPM

上位の電動サンダーを使ったことがないので、比較はできないのだが、 粉塵がとても飛び散るし、音も非常にうるさい・・・。

もし今使っているものが壊れたら、もうこの商品は買わないだろう。

WATOCOオイルを塗る

外側だけにWATOCOオイルを塗ろうと思い、内側にはほとんどやすりをかけなかった。が、 養生が全然足りなくて、内側もWATOCOで汚れてしまったので全部塗ることに。。。

結果、下の写真ではよく分かりづらいのだが、ムラができ、血糊のようになってしまった!!!

恐怖!血糊のカラーボックス
恐怖!血糊のカラーボックス

WATOCO二度塗り

外側のWATOCOも薄かったので、二度塗り。数日置く。

内側にペンキを塗る

内側が怖い感じになってしまったので、ターコイズ色のペンキを塗ることにする。

今回は、外側を マスキングテープと 新聞でそれなりに養生した。

つやけし、水性のターコイズ色
つやけし、水性のターコイズ色
水性塗料用のブラシで
水性塗料用のブラシで塗る。

下の図は、一度塗りした後の様子。もう一度塗って二度塗りした。

一度塗りしたところ
一度塗りしたところ
完成
二度塗りして完成

今は、TVボードの横に置いてある。

DIY:オシャレになりきれないTVボードセット。ウォールナット調なんだけどね

2019.08.03

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク