スポンサーリンク

親子大人数のイベント、コミュ障の母はどうすべきか?

8月 9, 2019

スポンサーリンク

夏真っ盛り!連日、暑い日が続きますね。みなさん体調はいかがでしょうか。ここまで暑いのなら、少しくらい痩せてくれてもいいのに・・・

スポンサーリンク

10組くらいの親子とBBQとか…みなさん得意ですか?

さて、この間、知り合いのお母さん達がやってくれるイベントがあって参加してきた。ブルーベリー狩り、BBQ、すいか割り などなど ができるというもの。

ブルーベリー狩り
ブルーベリー狩り

子どもは「誰が来るの?」と少し不安そうだった。知っている顔はほとんどおらず、上級生が多い場所。

ちなみに、母である私も話せる知り合いは数人程度のちょっと不安が募る場所。。。

そして、「気を利かせて動かないといけないのでは」と思わせる場所が大の苦手である私。特に母という立場だとどれだけ気が利くか=良妻賢母カーストを作る…と思っている。

でも、今回のイベントは、できないことは「できません」と言える貴重な場所だとも思っている(そいういう立場をとっても陰口を言わない、上から目線で来ないでくれる人たち)。

とても気が重かったが、大人数イベントの機会がとても少ない私(誘われない)。

一人っ子だし、 なるべく行こうと、母も頑張った。

感想

息子はとても楽しかった みたいで何より

とはいえ、ほとんどの時間を涼しい部屋でビデオを見ていたけどね。

それでも、上級生の子と遊んでいたり、色々とコミュニケーションは取っていて、こういう積み重ねをしていくことも無駄ではない、と期待を抱いている。

私も、半分は知らない方だったが、なんとか乗り切った…のだろうか。

いや、乗り切れてないなコレ。

遅刻した(問題外!)、気が利かない、酒飲みながらやった、最後バタバタして挨拶がしっかりできなかった etc., 振り返ると凹む訳です。だから、反省点は次に活かせたら活かすことにして(笑)。

私もいつかもっと気軽に楽しめるようになるのかなぁ。もう人生半分折返しに近いけど。

自己肯定感が低い親は子育てで自身の自己肯定感を高めることができる

話がそれますが、

以前、育児の講演会でお話をお聞きした、保育士おとーちゃん先生。イベント後に質問させて頂きまして、『自己肯定感が低すぎる自分(のために育児)がつらいです』と質問したところ、『子育てを通じて、自身の自己肯定感を高めることができますよ』とアドバイス頂きました

『保育士おとーちゃんの「叱らなくていい子育て」 (PHP文庫) 』

子育ては、息子と一緒に私も生き直しをしているような気持ちでいます。(←先輩ママの受け売り)

自己肯定感が低くて育児がシンドイお母さん、一緒に進んでいきましょう。

スポンサーリンク