スポンサーリンク

個性豊かな子どもたち&発達凸凹息子頑張れ!

10月 7, 2019

スポンサーリンク

個性豊かな子どもたち&発達凸凹息子頑張れ!

学校へ通う日々が続いている。息子のクラスで子ども達を見る。似ているようで、実はバラバラ。みんな個性があって面白い。

とある女の子で、うちの息子より精神年齢が4歳位は上じゃないかと思う子がいる。

何を隠そう、私のお気に入りだ。

状況判断、コミュニケーション能力はとうに私より上だ(笑)

やることも早い。

誰とでも仲良くなれる。

一人っ子なのだが、上級生がクラスに来て話しかけていく。(どういう知り合い?)

自分のやりたい気持ちを封印して、困っている友達のために動いてあげることもできる(そこまで動けた子は他にいなかった)。

しかし、立ち位置としてはちょい悪系で(伝わりますかね)、できるのにやらない時もあり、先生から注意されるシーンも多く、息子の中では「いつも注意されている子」と認識されているようだ。

そんな彼女は算数が苦手(国語は得意そうだし好きそう)。

計算ドリルを自分で解くとなると、途端に気が散りだす。

そして、恐らく内面のイライラを、他人を 口頭で攻撃(口撃)するという捌け口で解消する。苦笑

しかも、その口撃内容が、理に叶ってるんだ(「〇〇ちゃん、その音、気になるからやめて」とか、実際に気になる音を出している子に対して口撃する)。

いやー、自分のイライラをこんな風に発散する小1がいるんだな。びっくり。

彼女は、誰とでも仲良くなれるコミュニケーション能力、状況判断能力を持っているので、ぜひとも算数も好きになって、将来の日本を背負って立つくらいの人物になって欲しいのだが(笑)

思わず、私は「勉強ってね、面白いんだよ~」と伝えてしまったが、いきなり言われても分からないよね。

 

そんななか。

我が息子は、授業中はりきって挙手をし、先生から発言するよう差されれた後、

むすこ

・・・・・・・・・・・・・・・・
忘れました

を、毎回のように繰り返している。

嗚呼、何をか言わんやをや。

ショックね!

ああしろこうしろ言うと悪い方向にしか行かないから、「手を挙げている○○はすごい!!頑張ってるね!!」と、さらに手を挙げる方向に強化してしまいましたよ。(トホホ・・・)

担任の先生や周りに迷惑でなければ、彼の挙手チャレンジは続けさせてあげたい。

しかし、あまり続くと高学年になっていじめのターゲットになったりするのだろうか。。。

難しいなぁ。

息子よ、ママは見守っているよ。

スポンサーリンク