スポンサーリンク

小2進研ゼミ「考える力・プラス講座」は母が楽しい!感想クチコミ

スポンサーリンク

小2進研ゼミ「考える力・プラス講座」は母が楽しい!感想クチコミ

関東はまだ梅雨明けしていないというのに、東京では今日は真夏のような暑さでしたね。洗濯機を3回も回しちゃいました。

さて。

新型コロナウイルスの休校措置に焦りまくって進研ゼミのチャレンジを始めたことは、以前、記事にしました。

入会の際、焦燥に駆られた私はチャレンジだけではなく有料オプションも一緒に入会したんですね。今回の記事では、有料オプション「考える力・プラス講座」について書いていきたいと思います。

※うちの小2息子は机上の学習がキライなタイプで、私も日々の学習の習慣づけに失敗しています。発達凸凹くんである彼のキャラについては、以下を参照下さい。

スポンサーリンク

進研ゼミ有料オプション「考える力・プラス講座」とは

▼「考える力・プラス講座1・2年生

※上記URLは1、2年生用のページですが、6年生まであるコンテンツです。

ターゲット

「中学受験(受検)も見すえた、教科書以上の「自分で考える力」を伸ばしたいかた」向けとなっています。

我が家は中学受験は今のところ具体的に考えていないのですが、私自身が教科書的な学習はいかがなものかと思っているので、プラスαとして始めてみました。

内容の特徴

  • 4教科(国産理社)の知識を活用して考える力を伸ばす
  • 体験学習を通して、問題解決力を養う
  • 個別添削で、高い表現力を育てる
  • 粘り強く深く考える習慣が身につく

システム的な特徴

  • 毎月お届け
  • 約30分/1回分
  • チャレンジに入会してなくても受講可能。
  • 1ヶ月のみの受講はできない。
  • 「考える力・プラス講座」は受講中止の連絡をしない限り、6年生終了まで続けてお届け。

料金(1・2年生)

1年分一括払いの場合:月あたり 2,403円~(税込・消費税率10%)

※「一括払い」「まとめ払い」の場合、開始月号によって受講費の総額が変わる。

入会金0円。送料別途不要。

一括払いの方が安上がりなので、我が家はクレジットカードで一括払いにしています。

届けられる教材

小2「考える力・プラス講座」初回で送られてきた教材
小2「考える力・プラス講座」初回で送られてきた教材

上記は小2「考える力・プラス講座」初回で送られてきた教材なので量が多く見えますね。重要なのは、以下の3つでしょう。

  • メインテキスト
  • 体験クラフト
  • 赤ペン先生の問題

メインテキスト

メインテキスト
メインテキスト

4教科、国算理社。

国語
国語。この号は「王様シリーズ」から。

国語では、文章で答える問題がたくさんあり、息子はこれが大の苦手で、やらないことが多々あります。自分の意見を書くことがとても苦手で、そもそも文字を書くことがキライです

算数
算数

息子にとって、算数は国語より簡単と思えるようです。それでも、テキストを解かせるのは一苦労です。

理科
理科

また、2年生は「自分づくり」というものがあります。これも子ども自身の考えていることを文章で答える質問があり、息子はとても苦手で嫌がり、一度もまともに取り組んだことがありません。

体験クラフト

主に「理科」がメインとなっているようです。テキストを参照し、実験したり工作したりします。

私のお気に入りはこの体験クラフトです

親子で一緒に楽しく学習できる内容になっていると思います。

4月号クルクル潜水艦

4月号クルクル潜水艦

輪ゴムの回転力を利用したスクリューで進む潜水艦。おもりをどこに置くかなどでどう進むかが変わってきます。

とにかく「遊びたい!」が勝ってしまい、私も上手に「学習・勉強」につなげることはできませんでしたが、楽しく試行錯誤しておりました。

5月号葉っぱ写真セット

5月号葉っぱ写真セット
5月号葉っぱ写真セット

図工が苦手だった息子が・・・(泣)

5月号は身近な葉っぱを使ってスタンプ!

新型コロナの休校中だったため、家族で家の近所を散歩していました。その時に、いろんな葉っぱをゲット!

桜の葉っぱ
バナナに見立てて
バナナに見立てて

↑自分からこういうことをしない子だったので、嬉しかったです。レベルが低いんですけどね、いいんです。成長が見られたんですから!

初夏のもみじ

この葉っぱスタンプは私も一緒にやって、とても楽しかったです!

赤ペン先生の問題

毎月あります。算数・国語で1枚。8月号・3月号は理科・社会で1枚。

努力賞ポイントもつきます。

カリキュラム例

小2「考える力・プラス講座」スケジュールより
小2「考える力・プラス講座」スケジュールより

ベネッセのサイトより拝借しております。最新情報は異なるかもしれませんので、必ず最新のものをチェック願います。

感想

体験クラフトに関しては、息子もテンション高く楽しそうに取り組んでおり、やってよかったなぁと思います。

一方で、既に記載しましたが、テキストの問題を解くのが息子にはとっても苦痛。。。

単純な問題ではないので、飽きずにやりがいがあるじゃないかと思うのは親の意見でして。机に向かう勉強が大嫌いな息子には苦痛でしかない。これを「やらせる」のが大変すぎる。

これまではコロナ休校中ったので、こちらも心を鬼にして取り組ませていませていましたが、学校が始まってから完全なる放置です。。。

うーむ。どうしたもんだろうか。

私としては続けたいのですが、お金だけ払って放置になったら辞めざるを得ないですね。

最後までお読み頂きありがとうございました。この記事がどなたかのお役に立てたら嬉しいのですが。

スポンサーリンク