小4算数:大きな数、4桁区切りがポイント。数の単位、英語での言い方も紹介

スポンサーリンク

小4算数:大きな数、4桁区切りがポイント。数の単位、英語での言い方も紹介

付録のどんぐり文章題が目当てで購入した『スーパーエリート問題集 算数 小学3年』。めちゃくちゃ難しく、小3の息子は、すぐにギブ(笑)

現在は週末など時間があるときに、1年生向けのスーパーエリート問題集 さんすう 小学1年』をたまに解いています😂(それでもめちゃくちゃ間違う)

諦めた小3向け問題集にて、冒頭の問題が「大きな数」でした。そこで息子がつまずいたので、手元にある書籍『おうちで完全マスター! 「算数の教え方」がわかる本 改訂版 小学校6年間・全学年に対応』に当たったところ、小4の単元として「大きな数」の読み方が載っていました。

本記事では、『スーパーエリート問題集 算数 小学3年』と『おうちで完全マスター! 「算数の教え方」がわかる本 改訂版 小学校6年間・全学年に対応』に載っていた内容を元にまとめたPDFをダウンロードできるようにしてみました。

スポンサーリンク

大きな数の数え方

小4算数:大きな数、4桁区切りがポイント。数の単位、英語での言い方も紹介
小4算数:大きな数、4桁区切りがポイント。数の単位、英語での言い方も紹介

日本語の場合、4桁で区切れること、英語だと3桁であること、カンマは日本語でも3桁で打つことなどを表現してみました。

また、日本語の数の単位も合わせて載せてみました。

数の単位の歌

日本語の数の単位は、以前、「にほんごであそぼ」にて歌がありましたよね。

♬いちー、じゅうー、ひゃく、せん、まん、おく、ちょう、けい、がい・・・

というやつです。Youtubeなどで公式動画がないか探してみたのですが、残念ながら見つけられませんでした😭

ま、「テスト」的には「兆」まで分かれば問題ないかと思います。

さいごに

本記事では、小学4年生で習う「大きい数」についてまとめてみました。

印刷して壁に貼りましたが、我が息子は見向きもせず😭

無理に憶えさせようとすると反抗するだけなので、興味を持つのをじっと待つしかなさそうてす😅

スポンサーリンク