Bing URL Submissions Plugin の使い方。記事更新を自動でBingに一括送信しよう!

2021-04-06

スポンサーリンク

Bing URL Submissions Plugin の使い方。記事更新を自動でBingに一括送信しよう!

前回、BingWebマスターツールをインストールした。今回は、WordPressの記事を公開・更新した時点ですぐ自動でBingにURL送信してくれるWordPress用プラグイン「Bing URL Submissions Plugin」の使い方について説明する。

BingWebマスターツールのはじめ方使い方。Google サーチコンソール…

2020.11.24

スポンサーリンク

プラグインを新規インストール

プラグインは「Bing URL Submissions Plugin」。評価はあまり高くない。APIキーの設定で失敗するという意見が見られた。とりあえずインストールしてみる。

プラグインを新規インストール

通常のプラグインと同じようにインストールする。

[今すぐインストール] >> [有効化] 押下。

APIキーを取得

更新したURL送信のバッチ処理(一括処理)を行うには、Submission APIsを使う。Submission APIsを使うには、APIキーを取得してプラグイン側に設定しなければならない。

BingWebマスターツールの右上にある [設定] >> [APIアクセス]

APIキーを取得

[APIキー]を選択。

[APIキー]を選択

[APIキーを生成] を押下すると、APIキーが表示されるのでクリップボードへコピーする。

[APIキーを生成] を押下

プラグイン側でAPIキーを設定

先程インストールしたプラグインを選択すると、APIキーを設定する画面が出るので、クリップボードにコピーしたキーをペーストし、[Start using plugin] を押下する。

プラグイン側でAPIキーを設定

送信成功すると

成功すると、以下のような画面が出る。

URL送信の成功

以上です。

スポンサーリンク