スポンサーリンク

元気がないローズマリー、鉢増しをしようと思ったら・・・

7月 27, 2020

スポンサーリンク

我が家の鉢植えローズマリー
我が家の鉢植えローズマリー(2020/7/7撮影)

この記事では、ローズマリーの葉が黄色くなる原因は不明なままだが、とりあえず鉢増しを試みたら予想外の事態に!という顛末を綴っております😅

ローズマリーの育て方などについては、別途記事にしたいと思っています。

スポンサーリンク

我が家のローズマリー

数年間、鉢植えで育てているローズマリー(ほふく性ではなく、立性)。まだ一度も花を咲かせたことはないのだが、なんとか枯れずに育ってはいた。

去年あたり鉢増しを行い大きな鉢へ移した。

しかし、なんというか、枯れはしないが大きくもならないという印象。

特にここ最近は、葉っぱが黄色くなってきていた。

ご近所の地植えのローズマリーは、青々と瑞々しく大きな茂みとなっており、羨ましい限りだ。

ローズマリーは育てるのが簡単というが・・・

ローズマリーについてググると、なぜか!「ローズマリーは初心者でも簡単に育てられる」と出てくる。

うそだぁ~~~

いや、私に限って言えば、めっちゃ難しい。。。

地植えだと簡単なのだろうか。

鉢植えの場合、というか私の場合、ローズマリーは難しいのだ。

なぜ私には難易度高しなのか

ローズマリーは加湿を嫌うと読んだ。鉢植えの場合、状態を見て水をやるべきなのだろうが、それが難しい。

以前、水をやりすぎないよう心がけていたら、枯らしてしまったことがある。一度弱り始めたら、どれだけ水やりしても復活できない印象。

なので、結局、ほぼほぼ毎日、水やりしているのだ。水をあげすぎないように心がけて枯らすよりマシだから

↓5月28日撮影の姿。ほんの少し黄色い葉っぱがあるが、冒頭の写真に比べるとだいぶ元気だ。

まだ元気な頃のローズマリー(2020/5/28撮影)
まだ元気な頃のローズマリー(2020/5/28撮影)

葉っぱが黄色くなってきた

ところどころ葉っぱが黄色くなってきたが、まだ枯れ始めてはいない状態の写真をいくつか載せておく:

どなたか、この黄色の原因がわかる方がいらっしゃったら、教えて下さい!

ローズマリー、ところどころ黄色い葉っぱ
黄色い・・・(2020/7/7撮影)
ローズマリー、古い葉っぱが黄色くなっている?
古い葉っぱが黄色くなっている?(2020/7/7撮影)
ローズマリー、青い葉っぱも残ってはいるんです(2020/7/7撮影)
青い葉っぱも残ってはいるんです(2020/7/7撮影)

春に挿し芽をした子たちがあっさり根付いてぐんぐん青々と柔らかい新芽を伸ばしている姿を尻目に、黄色いし、硬いし、ふさふさしていない。明らかに元気がない。

↓5月14日撮影。挿し芽で根付いてくれたローズマリーたち。この子達は、今も元気にぐんぐん伸びてくれている。芽の先端も柔らかいし青々しく瑞々しい。

ローズマリーの挿し芽が根付いてくれた
挿し芽が根付いてくれた(2020年5月14日撮影)

この子たちと比べると、明らかに元気がないのだ。

原因をググってみた

ざっと検索して考えられるのは、やはり水の上げすぎか。

根詰まりを起こしていることも原因として上げられていた。

現在の植木鉢をひっくり返してみた所、こんな感じ↓

ローズマリーの鉢植えの裏側
ローズマリーの鉢植えの裏側(2020/7/7撮影)

鉢の裏から見ても根っこは伸びてないから、根詰まりは起こしていないよう。

↓の写真で、鉢増し前の根っこの塊が分かるだろうか。

ローズマリー、鉢増し前の根っこの塊
鉢増し前の根っこの塊(2020/7/7撮影)

どう考えても、今回、鉢増しする必要はないのだが😅

とりあえず、一回り大きい鉢に移すだけ移そうと試みる。

一回り大きな鉢
一回り大きな鉢(2020/7/7撮影)

プラスチックのものより木やテラコッタの植木鉢の方が素敵だし植物にも遥かに良いと思うのだが、木の鉢は結構な値段がするのに数年で壊れてしまうし、テラコッタは重い。仕方なく、断腸の思いでプラスチック製の鉢を購入・・・

嗚呼、地植えしたい。

一人作業。「せーの」でひっくり返す。。。

ローズマリーを鉢増しのため、ひっくり返した図
鉢増しのため、ひっくり返した図(2020/7/7撮影)

さぁ、ここで驚愕の事態に!

ギャーーーーーー!!!

(勘の良い方はお気づきかも)

そう、鉢の下に、丸々と太ったコガネムシの幼虫君たちが!!!!!

※前記事に引き続き虫ネタです。苦手な方は、ここでお終いにして下さい・・・すみません。

動体視力で確認できたのは4匹。

結局、7匹くらいいた気がします。

はい、写真出しますよ・・・

丸々と太ったコガネムシの幼虫
丸々と太ったコガネムシの幼虫(2020/7/7撮影)

不意打ちコガネムシ幼虫には、やはり叫んでしまう・・・。

この子たちを殺生する気になれず、一匹一匹、土の中を探し、一旦虫かごへ。最後に、近くの草むらへ息子と一緒にバイバイしたのだった。

結局、根っこは

鉢をひっくり返した結果、根っこはおそらく、ほとんど大きくなっていないようだ。初回の鉢の大きさの根っこの塊のままだった。

本当は、この根っこを崩してあげた方がよいのかもしれない。

しかし、私の中で「根をいじくると枯れる」という不文律ができあがっている。なので、このまま元の鉢へ戻すことにした。(苦笑)

ローズマリーの根っこの塊
ローズマリーの根っこの塊(2020/7/7撮影)
ローズマリーの根っこの塊、横から
ローズマリーの根っこの塊、横から(2020/7/7撮影)

さいごに

ローズマリーの葉っぱが黄色くなる原因は、結局よく分からなかった。

コガネムシ君たちが原因としたいのだが、彼らに移住して頂いてから約3週間弱が経った今も、ローズマリーは元気がないままだ。そんな急には元気にはならないか。

今年は、7月も終わりだというのにまだ梅雨明けしないし、日照不足も関係しているのだろうか。

 

その他の原因について少しだけ英語で検索したら「spider mites」=「ハダニ」😣が原因に上げられていた。

ハダニにやられると葉緑素が抜け、白い点々が見られるそう。。。

以前ダメになったローズマリーがそんな感じだった気がする!!!

あれはハダニだったのか?

そして、ハダニ情報を得ようとして知った「ベニフキノメイガ」😱の存在!!ベニフキノメイガの幼虫はかなりグロい感じで、もし居たら気づきそうなのだが。こんなヤバ目なやつにはまだお目にかかってない。

しかし!

「クモの糸に似た白い糸が多数見られるようになっていきます。」との記述があり・・・

言われてみれば、クモの巣があったような気がする。

これか?

もう、何が何やらわからないっ。

なんか、ローズマリーって虫に強いハーブ、というか「匂いが強いから虫除けハーブ」のような印象が強いが、実はそうでもないということが分かった。。。

やはり、改めてローズマリーと害虫については記事にしたい。

参考資料

https://www.hunker.com/13427224/why-are-my-rosemarys-leaves-turning-yellow

にほんブログ村 花・園芸ブログ 多肉植物へ ボタニカルンルン - にほんブログ村

スポンサーリンク