室内観葉植物のカイガラムシ駆除方法:ベタベタした葉とロウ状の茶色斑点は要注意!

2020-11-01

スポンサーリンク

悲報:シェフレラとアイビーにカイガラムシが大量発生

秋になりましたね。みなさん、いかがお過ごしでしょうか。

ワタクシ、これまで楽しく過ごしてきた数年間の観葉植物生活に終止符を打ちたくなるような、それはそれはショッキングな出来事がありました🤢😱😭

屋内の観葉植物シェフレラとアイビーにカイガラムシが大量発生したのです。

昨日の午前に発見し数時間かけ彼奴らと格闘。腰がいたい。気分も凹👎

この記事ではカイガラムシの発見から駆除、予防までを紹介していきます。

※記事内に虫の写真が出てきます。苦手な方は、ここで終わりにしてくださいね。

スポンサーリンク

最近シェフレラの元気がないな

過去記事にもあるように、我が家のシェフレラは成長は遅いけれども、新しい芽も出て葉も落ちず、スクスク元気に育っていた・・・はずだった。そう、昨日までは。

シェフレラの芽 2020/03/09

2020.03.13

今年の夏、他の植物との都合上、鉢の入れ替えを行った。

植え替え後、ここ最近、葉が落ちるように

葉が落ちる・・・新しい芽や葉が伸びてない・・・

❓❓❓

疑問がムクムク膨らんで、よくよく葉を見ようと一瞥したら・・・・

カイガラムシにやられているシェフレラの葉
茶色いの。

ぎゃーーーー
なんか分からんけど、虫だってことは分かる!!!

よくよく見ると、尋常じゃない数の彼奴らが居る!

葉の表面がベタベタしている。。。

ホコリがくっついている。お見苦しくてすみません。

カイガラムシにやられているシェフレラの葉
ちょっ、まてよ・・・

真ん中の茎にも。。。

カイガラムシにやられているシェフレラの茎
くきー

↓そして、私を追い込んだ葉裏・・・

うぎゃーーーーーー

カイガラムシにやられているシェフレラの葉
はうらー

えーらいこっちゃ
えーらいこっちゃ
ヨイヨイヨイヨイ

カイガラムシに間違いないだろう

カイガラムシとは

  • 世界中に7300種以上存在し、国内では400種ほど確認されているというカイガラムシ。
  • 2mm〜10mmほどの小さい昆虫。
  • 柑橘類や観葉植物につくことが多い(多肉にもつくことがあるよう)。
  • 屋外の植物につくイメージだが、風通しの悪い、雨に当たることがない屋内の植物につくと一気に増える。
  • 樹液を吸う害虫。カイガラムシの多くは、植物に寄生するとほとんど移動せずその場で養分を摂り続ける。
  • 成虫は、貝殻のような殻を被り全身がロウ物質や粉状の物質で覆われるため、殺虫剤が効きにくくなる。
  • カイガラムシの排泄物は糖分であり、砂糖水や蜜のようにベタベタしている。

一通りネットで検索してほぼ確信したのは、『カイガラムシ』であるということ。

とはいえ、画像検索するとカイガラムシは本当に様々な種類があり、「これは本当にカイガラムシ?そもそも幼虫の存在にまったく気づかなかったけど」と思ったが、蜜のようなベタベタした葉の状態と、一見すると葉の傷みと間違えそうな2mm程度の茶色いロウのような形で確信した。

うちの状態に似ている画像があったのが、こちらのサイトだった。

メンタルかなりやられたのが、ベタベタした透明の蜜のようなものが『カイガラムシの排泄物』というくだり。

カイガラムシの排泄物・・・
カイガラムシのう○ち・・・
💩💩💩

いや、待て。

待てと。

私、この透明のベタベタ・・・知ってる!!!🤢🤢🤢

丈夫なはずのアイビーが発生元だった

過去記事で書いている丈夫なアイビー。でもこの記事を書いている時点で、このアイビーはベタベタしていた🤮

アイビー(ヘデラ) 2020/03/09撮影

2020.03.15

ずっと「ベタベタするなぁ」と思っていたんだよ・・・

なんか・・・1年くらい思ってた気がする・・・🤮

親株は外で育てているアイビー。

挿し木して増やしたこの子はエライ勢いで元気に育ってくれて。

でもベタベタなの。

他に増やした子はベタベタしてない。同じ兄妹なのに。

恥ずかしながら、このベタベタは『元気だからこそ出る樹液』のようなものだと思いこんでました🤪

その時は、茶色いヤツラは居なかったと思う・・・

このベタベタが排泄物だと知った時のショックよ・・・

 

ハッと駆け寄り確認するアイビー!!!

アイビー、どうなってる?

はい、ドーン。

カイガラムシにやられているアイビーの葉
アイビー!(シソンヌの「キヨコー!」の言い方)

↓この大佐の言い方で「アイビー!」って叫ぶ。

うぎゃーーーーー

カイガラムシにやられているアイビーの葉
カイガラムシにやられているアイビーの葉
弱ってる
カイガラムシにやられているアイビーの茎
くきー
カイガラムシにやられているアイビーの葉
なぜこんなになるまで気づかなかったのか

はぁ・・・はぁ・・・はぁ・・・

しんどい。

カイガラムシの駆除

処分したい気持ちも少なからずおきましたが・・・

あまりの数にちょっと気分も悪くなり、いっそのこと処分しようか考えましたが、ネットで検索し、以下の駆除情報を得たので頑張ってみることに。

カイガラムシ(成虫)の駆除ポイント

  • カイガラムシは、殺虫剤が効きにくいので、歯ブラシなどでこそげ落とすか、状態がヒドイものは葉を剪定し処分する。
  • カイガラムシは水が苦手。乾燥した状態で歯ブラシでこそげても、なかなか落ちないが、シャワーをかけながらこすると簡単に落ちる
  • こそげ落とす際、カイガラムシから体液が出てくることがあるので、マスクと手袋を着用する
  • 一匹でも残るとすぐにまた繁殖するため、剪定した葉などはビニールに密閉してごみに出すなどし、確実に除去する。
  • 駆除の際に着ていた洋服などにカイガラムシが付着し、再び室内に持ち込むことも考えられるので、服は脱いで洗濯

上記がネットで知り得た情報。

私は、家の前の駐車場でシャワーを使って水の勢いと手袋をはめた手でこする+歯ブラシ作戦を行いました。

洗い流した後、しばらく鉢を日向ぼっこさせ、土を表面から3cmほどすくってビニール袋に捨て、新しい土を足しました(土の表面にいそうだから)。

その他の観葉植物も外に出し、シャワーで葉を洗い流しました。

着ていた洋服は洗濯。

アイビーからカイガラムシを駆除
なんかこの写真昭和感が漂う。なぜ。

↑アイビーは駆除しきれず、とりあえず外に置くことにしました。

シェフレラからカイガラムシを駆除
シャワーと歯ブラシ

↑シェフレラも、葉裏についているものなど見逃しやすく、かなり粘りましたけど、完全には取り切れていません。

この子は室内に戻すことに(ドキドキ)。

駆除後、手袋についたカイガラムシ
駆除後、手袋についたカイガラムシ

一度発生したものは

一度発生すると、完全駆除までは長い道のりのようです。何度も駆除作業をし、だんだんと減っていくようですね。

さらに、来シーズンも同じように発生することがあるそうです。

一度カイガラムシが発生した植物は、ほとんどの場合その次の年にも発生します。そこで、冬の間に薬剤を使用して翌年の発生を防ぎましょう

冬は植物が休眠状態にあり強めの薬剤を使用することができるため、スミオチン、オルトラン、マシン油乳剤(97%剤)、石灰硫黄合剤などの殺虫剤を散布して、カイガラムシ発生を予防しましょう。

https://fumakilla.jp/foryourlife/252

薬剤にとても拒否反応のある私。どうしたもんじゃろう。

カイガラムシの予防

カイガラムシが発生しやすい環境

  • 風通しが悪い場所 or 枝が混みあっている
  • ホコリっぽい場所が好き。(室内で置きっぱなしの植物)
  • 暗い場所が好き。

「お前んち汚ねー」と言われている気がして、それも今回のメンタル凹みにつながっています。
(その通りなんですけどね)

カイガラムシの予防

  • こまめに葉水を与える。清潔にしてカイガラムシの寄生を予防する。葉の裏もチェック。
  • 葉が込み合ってきたら剪定する
  • 鉢の場所をたまに移動し、きちんと掃除する。

 

恐ろしいことに、

葉水をすると植物が枯れる経験があり、あえて避けていました😱

また、剪定も葉がもったいなくて避ける傾向に😱

鉢を移動しての掃除も怠り気味でした😱

・・・発生するべくして発生したな、カイガラムシ!

そもそものはじまりは

今回の騒動ですが、そもそものはじまりは、数ヶ月前にお迎えした憧れのフィカス・ウンベラータの葉でしたよ。

ウンベラータの葉っぱがベタベタしている。

そして「↓これって、なんだろう?」と。

ウンベラータの葉裏
ウンベラータの葉裏。カイガラムシでしょうか?
ウンベラータの葉裏
水でこそげても落ちないのです。

↓これキモいです。。。

ウンベラータの葉裏
ウンベラータの葉裏。コレは何?

※水をかけてこそげ落とそうとしてもビクともしない。カイガラムシではないのだろうか。

とりあえず、問題の部分だけ切り抜きました。他の葉が大きくなったら、バッサリ剪定する予定です!

カイガラムシの幼虫に対する疑問

ここに至るまで「カイガラムシの幼虫」のような存在には一切、気づかなかったんですよね。

この茶色いカイガラムシの幼虫がどういう形状をしているのか、ネットで検索してみましたが、情報を得られず

なので、幼虫の形状は分からないけれども、日々の観察に気をつけようと思いました(それしかできない)。

特に、カイガラムシの成虫は、あれだけついていても「なんとなく元気ないなぁ」というレベルです。一気に枯れたりしないので、そこがまたやっかいなところです。

土に近い葉や根元により多く成虫が付いている印象なので、日々、新芽の部分だけでなく、根元の部分もしっかりチェックしたいと思いました。

さいごに

長年楽しく過ごしてきた私の観葉植物生活を揺るがす、カイガラムシ大量発生問題。

家の中というのがキツイ・・・

駆除で腰が悲鳴をあげている。

葉裏を見るたびにビクビクするのが心臓に悪い。

かと言って、殺虫剤は使いたくない。

観葉植物から足を洗うことも考えるかも🤢

悲しい秋の始まりとなりました。

タグ [カイガラムシ] を含む記事一覧
室内 観葉植物の土に最適なモノは?よく育つかどうかじゃない、虫を発生させない…

2020.11.06

カイガラムシと大格闘、その後②

2020.11.05

カイガラムシと大格闘、その後①

2020.11.01

室内観葉植物のカイガラムシ駆除方法:ベタベタした葉とロウ状の茶色斑点は要注意…

2020.10.27

Post counts : 4

参考URL

スポンサーリンク