オレガノの育て方&増やし方:とても育てやすいハーブ!

2020-10-23

スポンサーリンク

オレガノ。花もつけている。2019/7/17撮影
軒下においたオレガノ。花もつけている。2019/7/17撮影

オレガノを屋外、鉢植えで育てています。とても育てやすいです。これまでポツポツ撮っていた写真を一挙公開。

スポンサーリンク

オレガノの育て方ポイント!

とても育てやすいです。以下、ポイントのみ記載:

  • 日当たりの良い場所に置く。
  • 多湿を嫌うので水をあげすぎない。
  • 夏に花が終わった後、枯れてきたらバッサリ切り戻しを行うと、来年もまた育つ。

※土は水はけの良いものを。あまり神経質にならないで大丈夫です。

日陰の軒下に置いてもギリ育つ

上の写真の場所は軒下で、日光があまり当たりません。株はやはり元気はありませんが、成長し花も咲かせてくれます。

ただし、日当たりの良い場所と比べると、「同じ植物?」と思うくらい、丈夫さ・元気さが異なるので、できることなら、日当たりの良い場所に置きましょう。

 

花後、バッサリ切り戻しで翌シーズン育つ

写真に残せてないのですが💦、夏が終わると、一気に真っ黒に変色し枯れていきました。茎の根元からバッサリ切り戻しを行い、そのまま軒下に放置。たまに水をやっていた所、次のシーズン、元気に育ちました↓

剪定後、新たに伸びてきたオレガノ。2020/5/28撮影

株が弱ってなかったらバッサリ切り戻ししなくても良いのかもしれません。

しかし、多湿を嫌うので、ボサボサになったら適宜、剪定した方が良いでしょう。

挿し木で簡単に増える

オレガノは、挿し木を土に植えるだけで簡単に増やすことができます。

この時は5月くらいに挿し木をしましたが、ぐんぐん成長して扱いに困るほどに😅

↓日当たりの良い場所(鉢植え)に挿し木を行ったところ。

挿し木したオレガノ。2020/5/14撮影

↓ハーブを挿し木した樽。左の濃い緑の葉がオレガノ。

左奥がオレガノ。2020/7/27撮影

↑オレガノの手前、黄緑の葉を広げているのがローズゼラニウム。真ん中にローズマリー。所々ラベンダーがいます。

↓親株は軒下だったので、弱々しい茎と小さな葉っぱでしたが、日当たりの良い場所だと、茎は太いし、一気に野草感が強くなります。ぐんぐん伸びて扱いに困るほどです。

オレガノの挿し木が育った所。2020/7/27撮影
オレガノの蕾。2020/7/5撮影
オレガノの蕾。2020/7/5撮影
オレガノの花。2020/7/27撮影
オレガノの花。2020/7/27撮影

↓オレガノの花に蜂が寄ってきたので、切り落としました。

オレガノの花。2020/7/27撮影

↓お家でお花を楽しみました。

オレガノの花。2020/7/30撮影

さいごに

葉がぐんぐん増えていくので、食用ハーブとして活用したいのですが、まだそこまで研究は進んでいません(笑)

ちょっとした彩りにオレガノを切って添えてみましたが、自己満足かもしれませんが、よかったですよ。

もっと研究して、またブログに書きたいと思います!

スポンサーリンク