スポンサーリンク

キングオブコント2020の感想:気になってしょうがないのは・・・

スポンサーリンク

キングオブコント2020の感想:気になってしょうがないのは・・・
画像キャプチャ(キングオブコント2020

キングオブコント2020が終わりましたね。13代目キングはジャルジャル!おめでとうございます🎉🎊

ジャルジャルといえば・・・

私自身はジャルジャルはあまり好きではなかったのですが、M-1グランプリ2018で披露された「国名わけっこ」。息子が腹を抱えて大爆笑。ジャルジャルの公式動画としてアップされていたので、以下に紹介。

↑では伝わりづらいかもしれませんが、TVのライブ臨場感の中では最高に面白かったです。

 

ちなみに、私はただのツマラナイ主婦です(最近好きなお笑い番組は「有吉の壁」です)。実はこれまでキングオブコントは見たことがなく(汗)、今回、初めてまともに見ました😅

笑いに精通してることもなく、お笑いセンスはゼロなので、私のようなモノに感想を書かれたら芸人さんからしたら「ふざけんな」かもしれませんが・・・まぁ弱小ブログだし影響力は皆無。感想書いてみよー。

※注釈も履歴もなしにめちゃくちゃ加筆訂正してます。

小学生を育てている一介の主婦の謎の上から目線が炸裂する感想文です!

↓私が以前書いたM-1の記事はこちらです。

M1グランプリ2019 優勝はミルクボーイ!ぺこぱも面白かった!個人的感想

2019.12.23

スポンサーリンク

全体的に感じたこと

えっと、全般的にドッカンドッカン笑うということがありませんでした🙏コロナ禍の中で観客が少ない?ということも影響していたのでしょうか。

ちなみに、観覧していた観客はみんな女性なのでしょうか?なんで❓❓❓

キングオブコント2020

決勝進出者

滝音
445点
松本 86点、大竹 89点、三村 90点、日村 90点、設楽 90点

GAG
445点
松本 85点、大竹 91点、三村 91点、日村 90点、設楽 88点

ロングコートダディ
446点
松本 88点、大竹 90点、三村 90点、日村 88点、設楽 90点

空気階段:③
458点
松本 90点、大竹 92点、三村 89点、日村 93点、設楽 94点

ジャルジャル:①
477点
松本 95点、大竹 94点、三村 96点、日村 97点、設楽 95点

ザ・ギース
457点
松本 92点、大竹 91点、三村 91点、日村 91点、設楽 92点

うるとらブギーズ
440点
松本 87点、大竹 89点、三村 87点、日村 87点、設楽 90点

ニッポンの社長
454点
松本 93点、大竹 92点、三村 86点、日村 91点、設楽 92点

ニューヨーク:②
461点
松本 94点、大竹 93点、三村 92点、日村 90点、設楽 92点

ジャングルポケット
454点
松本 91点、大竹 92点、三村 88点、日村 91点、設楽 92点

決勝のルール

決勝戦出場の10組は全てネタを披露し、得点上位3位までがファイナルステージ進出する。
ファイナルステージ進出した3組のみ2本目のネタを行い、1本目+2本目の合計得点で勝敗を競う。

ネタの合計得点で争うのは、M-1と違う所ですね。

ファイナルステージの結果

ジョルジャル(優勝):合計 941点

464点
松本 95点、大竹 92点、三村 90点、日村 94点、設楽 93点

ニューヨーク:合計 924点

463点
松本 92点、大竹 91点、三村 90点、日村 95点、設楽 95点

空気階段:合計 921点

463点
松本 93点、大竹 95点、三村 90点、日村 93点、設楽 92点

 

2本目ネタの得点結果は464点、463点、463点。得点だけで言えば、どっこいどっこいというか、甲乙つけがたいと判断されたともとれますね。私自身の感想も、このネタがとっても面白かった!笑った!というのがなかったです😣

印象に残ったこと

話が前後しますが、1本目で印象に残った点を書かせてもらいます。あ、洗い物しながら見た感想です・・・

ロングコートダディ

初めて見たコンビでした。

先輩が新人に仕事内容を教えるシチュエーション。リストを見て複数あるダンボールから品物を取り出すようなお仕事。ピッキングバイトというのでしょうか。

冒頭に筋肉ムキムキの先輩が「俺、頭わるいからさ」というようなことをサラッと言うんですね。見た目は普通。喋り方も普通。ただし仕事の仕方がとても効率が悪い。

後輩はすぐに気づいてアドバイスするのだが、先輩には全く伝わらない。

「俺、頭わるいからさ」とまた繰り返す先輩。

・・・・

なんかね、以前の私だったら普通に笑ってた。なんなら、好きなネタかもしれない。でも子どもを産んで・・・価値観が変わってしまった(>_<)

・・・まじめかっ。

あ、コントの中で先輩のことをとてもバカにするとか、そういうことは全然なくて、暗に「頭が悪い」状況を強調しているだけなんですけど・・・

全然笑えない自分がいて(すみません)。

 

んで、これ、オチどうするんだろう?と。

 

オチは、

頭が悪くても力持ち。凹があっても凸がある、みたいな。

みんな協力しないと仕事が回らない、みたいな。

みんな違ってみんないい、的な。

ちょっとイイ話としても解釈できるかもしれないけど、やっぱりなんとなく小骨が喉に引っかかる感じが残ってしまった(すみません)。

・・・まじめかっ。

発達凸凹界隈にいる身からすると、ただただ切ない現実を見せつけられている気がしてそこが悲しかったんですかね。

あ、私は笑えなかったというだけで、別にこのネタを責めようなんて思いません。ただ私の感想はこうでした、というだけです。逆に、ここまで考えさせられるコントということで、なかなかに存在意義は高いのではないかと。カリカチュア的な?

まだまだ色々なパターンのネタもありそうで、今後も見ていきたいなぁと思うコンビでした!!!(上から目線💦)

ニューヨーク

M-1のときより面白かったです(笑)。

結婚披露宴で友人が余興するコント。

さまぁ~ず三村氏が言っていた、マイクに戻る時の歩き方はもう一回見たかった。

やばい!私、ネットではその審査内容に批難が集中しているという三村氏と同じ感想!

ジャングルポケット

「有吉の壁」で大好きになったトリオ、ジャンポケ。

今回、息子と本当に楽しみにしてTV前にスタンバイしてましたが、なんとなく今ひとつ感がありました😭(すみません)

審査員も何名か言ってましたが、少し客席との温度差、ズレというものを感じました。

炎上気味の三村氏コメントが、またもや私の感想としてしっくり来ましたよ😅

ネタを見ながらこちらとしては、
実は娘がお父さんを嫌ってるのがバレる?とか、ご近所さんの不倫ネタから斉藤さん自身の不倫がバレないか戦々恐々とする?とか、勝手に予測しちゃうじゃないですか。んで、こちらの予想がことごとく消化不良の感じで裏切られたんですよね。あ、私と三村さんだけでしょうか?(笑)

ご近所の不倫ネタを聞いた斉藤さんがあれだけ動揺した理由が、ただの野次馬根性だったのはちょっと肩透かしでした。

ジャンポケ、もっともっと面白いネタがあると思うので、息子と一緒に楽しみにしていますね!(上から目線💦)

ハ~~~~~イ!

ジャルジャル

新人歌手の新曲披露で野次に慣れさせるために、プロダクション社長がわざと野次を浴びせ続けるというネタ。

「誰やねん」「知るか」「ヘタクソ」の3連コンボの野次ワクチンが面白かったです。畳み掛ける所がどんどん面白くなってくる。

あと、歌詞にある「届けた~~~~い」の前に「届けるな!」の野次も面白かった。

詳しくないのですが、こういう所がジャルジャルらしい持ち味なんだろうなぁと思いました。

空気階段

この記事で私が一番書きたかったのは、空気階段のこと!

「有吉の壁」で初めてコンビを知ったのですが、もうね、ネタも好きなんですけど、何よりその存在が気になる!

まず、左側の鈴木もぐらさんに、とてつもない興味が湧きまして。

WikiPediaに色々情報が載っているので、是非読んで頂きたいのですが、「借金苦(2020年現在で700万円)でギャンブル中毒で遅刻魔、ヘビースモーカー」。この情報だけでもう気になる。

私、きっとこの方と同族。共通点は遅刻魔と元ヘビースモーカーという点だけですが(学生時代、ど貧乏で奨学金借金してましたけど)。

自分の周りにこういう方がいたら、絶対に近づいて話かけてしまうと思う。仲間見つけたっって感じで。

しかも、「ネズミしかかからない病気にかかったり、ベルトを買うお金がなかったため代わりにガムテープを巻いていたり、いびきが大き過ぎて漫画喫茶を出入り禁止になる(寝ているのがバレて財布を盗まれたこともある)など様々な逸話を持つ。」ってもうすごい!!!

一緒にいたら元気になれそうな気がする。

そして、写真の右側が水川 かたまりさん。最初は「最近の子っぽいなぁ」ぐらいの印象だったんですけど、「有吉の壁」(しつこくてすみません)の「KOUGU維新」というネタに美形役で登場して、しかも美形なのに動きが笑えて、それでジワジワくるっていう。。。

↓KOUGU維新の動画(有吉の壁の公式チャンネル)。これもテレビの方が面白いです。※ここにはかたまりさんは出てません

ま、やっぱり、もぐらさんが気になってしょうがないのですが、かたまりさんからも目が離せないっ。

しかも、どちらも大学中退!人間、学歴じゃないですけど、もぐらさんは大阪芸術大学中退、かたまりさんは慶應義塾大学中退というギャップにね、またビックリしてしまう。

1本目のネタ:霊媒師

霊媒師のネタ。初見よりも2回目以降の方がより笑える感じです。

霊媒の波長と近所にできたラジオ局の波長が似ていて、ラジオを受信してしまうというネタ。いくつか伏線があって、それを最後に回収する感じ。長いストラップも面白かったです。

鈴木もぐらさんの霊媒師も本当にどこかに居そうだし、かたまりさんの演技も自然で上手でした。

あ、「霊媒師の キングインパクト です」の箇所で夫がボソっと「競馬」と言ってくれて笑えましたが、そのツッコミがなかったら私は気づかなかったなぁ。

「ダンプカー」と「ヤリイカ」のくだりが少し長かった気がしますが、でも、とてもよく作りこまれたネタだったと思います(上から目線💦)。

もう少し爆発力のある単純な笑いがあったら優勝もあったのではないでしょうか。

2本目のネタ:学生の恋

定時制の学校に通う学生の恋ネタ。

もぐらさんの演じるキャラがツボりました。一見すると所謂「ヤバい人」。ランニングを着てリュック背負って、何を言っているのか分からない滑舌の悪いというか吠えてるような話し方の人。そいういうマイノリティ感を出している。

でも、冷静に考えると、ロングコートダディの項で私が書いた観点が当てはまりそうなんですよね。ただ、ロングコートダディと少しだけ違うところは、かたまりさん役の可愛い女の子は、この男性に恋しており、彼をヤバい人だとは扱っていない点でしょうかああー、どうでもいいですね、この感想。

授業の途中で、もぐらさんがおそらく「トイレに行ってもいいですか」と身振り手振り交えて言っている所が面白かったです。会場の笑いもひときわ大きかったのではないでしょうか。

ビビったけど面白かった所

CMに入る前にかたまりさんが興奮した状態で「楽しい!今日、超楽しい!」から「菅総理!ほんと、お笑いの日を祝日にした方がいいです!」と発言。

菅総理!と言い出した時点で「オイオイ、大丈夫か?」と勝手に心配してしまいました😅

インタビュアーをしていたバイキング小峠氏の「信じられないぐらい喋ってますけど」というツッコミが面白かったです。

ちなみに、「お笑いの日」はTBSが設定した、キングオブコント決勝実施日の9月26日(土)のこと。

さいごに

初めて見たキングオブコント。本音を言えば、もっと単純な笑いでドッカンドッカン大笑いしたかったな、という感想があります。

時代はコロナ禍。なんとなくどんよりしてますし、笑いの力を見せつけてほしかったという気持ちもあります。

一方で、今後が楽しみなコンビも出てきました。

何より、私は空気階段のお二人を見るとウキウキワクワクできると、改めて発見できたのでよかったです。

 

今回のキングオブコントと全く関係ない話になりますが。

育児や最近の社会の変化を通じて、本当に強く感じるのですが、人種、性別、年齢、職業など、世の中にはいろいろなステレオタイプがありますが、息子にはそういうものを埋め込みたくないと、強く強く思うんですね。
たとえば女はかくあるべき、男はかくあるべきを埋め込みたくない。だから、そういうものを見ないように気をつけたい。

んで、以前は全く感じなかったのですが、お笑いはいい意味でも悪い意味でもステレオタイプを簡単に刷り込むことができると思うんですね(だから、息子に見せる時、気にするようになりました)

とはいえ、海外の笑いも、強烈な人種のステレオタイプで笑いを取ったりしてるし私には理解できない超シニカルネタだったり、ブラックジョークだったりもあって、何がお笑いなのか考え始めるとよく分からないんですけど、きっと時代とともに変わっていくものなんだろうと思うんです。なぜなら、お笑いは社会や大衆を反映した文化的な芸術活動だから。

そして、その創作は、非常に知的な作業を伴うものだとリスペクトしています。それは、知識量とかではなくてネタなどを考える上での深い思索を行うという意味です。産みの苦しみは幾ばくかと。もちろん、その結果アウトプットされたものが限りなくクダラナクたっていいんです。

この感想文で上から目線で色々書きましたが🙏、芸人さん達はきっといろいろ苦労されて創作している。そのアウトプットを見て笑える幸せを大事にしたいです(強引)

最後は、よく分からん内容になりましたが。

次はM-1でしょうか。こちらも楽しみです。

半沢直樹2 ついに完!似顔絵イラストにて最終回の名言、名場面&感想

2020.09.30

M1グランプリ2019 優勝はミルクボーイ!ぺこぱも面白かった!個人的感想

2019.12.23

スポンサーリンク

にほんブログ村 テレビブログ テレビ感想へ