謝罪会見に思うこと

スポンサーリンク

謝罪会見に思うこと

スキャンダルとかね、タイムリーになっている話題を記事にするのは避けてきたんです。芸能人であれ、他人のことをアレコレ言うのは嫌だなぁって。そんなこと言える立場じゃないですから・・・。

でも、今回は思ったことを書いてみようと思います。どうせPV数も少ないし(卑屈)ノートとして(笑)。

 

お笑い芸人のWTBさんの謝罪会見のことです。

(なんだろう、なんとなくDAIGO的略語でお送りしていきます)

謝罪会見、途中までしか見てないんですけど💦

※敬称略です、すみません。

 

スポンサーリンク

問題以前のWTBの印象

この問題が起きる前からアンジャッシュは好みではなく、芸人としてもタレントとしてもWTBは面白いと全く思ってなかったです(すみません。上からです)。

ホメWTBとかグルメ王とかいろんな方面で頑張ってるのは分かったけど、どれもイケスカナイなぁと思ってました。

だからこそ、有吉(敬称略ですみません)とか他の芸人がWTBをイジるのが面白かったんです。悪趣味ですけどね。

アンジャッシュ渡部さんをポン酢の瓶で殴打! 有吉弘行さんが投稿したイラストにさまざまな憶測

ちょいちょい有吉はWTBを「フツーに嫌なヤツ、裏で何やってるか分からないヤツ、あなた芸人?」という扱いをしていたように思います。もちろん、有吉も心根の所で嫌ってる訳じゃなくて愛あるイジりというか(ホントの所はもちろん知らないけど)。

WTBはWTBで、イジられてからの返しが速いし上手いんですよね。イジりだけじゃ面白くない。返しがあって面白い。その一連のターンが面白い。

そういうWTBの消費は大好きでした。うん、やっぱ悪趣味だな(面白くない人もいるだろうし、それでいいんだけど)。

画面越しにイジりを見て「私の人を見る目は間違ってない」とも思ってました。あ、イタイですか?

 

 

謝罪会見のこと

んで、今回の謝罪会見のこと。

もうね、不倫に限らず、社会的責任が発生していない状態で、【世間様】という不特定多数の人々に対して「すみません私が悪うございました、許して下さい」という、中身のない謝罪会見は日本の悪い風習だから、やめたほうがいいと思うんです。

(私もそうですけど)実態がどこにあるのか分からない【世間様】の目を気にしているから、生きづらい社会になっていると、なんのデータもないけど思います。

よく言われる日本の生きづらさ、日本の自殺率の高さもこういうことが影響しているんじゃないかなぁ。

社会的説明責任を果たす必要のない謝罪会見なんて求めない、開かない。そしたら日本も少しは住みやすくなるのではないでしょうか。

不思議な日本の謝罪会見 厚切りジェイソンが斬る

 

今回、WTBがしたことは悪いことだし不快です。キモチワルイからTVで見たくないのも分かる。でも悪いことだけど、犯罪じゃないから、直接迷惑をかけた人に、謝るなり金銭的な保証をするなりしっかり責任を取ればいいのではないでしょうか。

 

社会に謝罪すべきことがあるとするなら、多目的トイレの不適切な使用ですよね。ここを謝りたいというのであれば、そのことだけ公の場で謝罪して一礼して終わりでもよかったんじゃないかなぁ。あんな風に記者に囲まれてやる必要はなかったと思います。

とはいえ、あの会見スタイルにしたのはWTBサイドだったようですし、ミソギとしてフルボッコにされて、「まぁそこまで反省しているんだったら許してやろうか」という流れを狙っていたんだろうなって思うんですよね。

だから、謝罪会見をそういう風に使うのも辞めましょうよ(誰に言ってんだ)。

 

もし、会見で質問を受け付けるんだったら、エンターテイメントにして欲しかったです。なーんて、簡単に書きましたけど、至難の技ですね。でも、WTBとしては、会見を開く目的をこう設定してもよかったはず。芸人ですからね。そしたら、芸人として大きな勲章になったことでしょう。

面白くできないのであれば、WTB自身の内面を見たかったなというのは、個人的に少し思います。

【世間様】は下世話な野次馬根性で見てるわけじゃないですか(私を含めて)。「どういう女性観だったのか」など、自分に向き合ったであろう自粛半年間の彼自身の心の成長を教えて欲しかったなぁなんて。特に、相方の大島さんとか奥様が自分に向き合うべきというようなコメントを出していたわけですから。

ま、WTBがそんなことする義理もないんですけどね。

 

 

さいごに

何がいいたいかというと、【世間様】へ中身のない謝罪会見は辞めませんか、日本。ということ。

あと、WTB単体は最初から好きじゃないけど、イジられての返しが面白いから、いつかまた見たいなと個人的には思います。できれば有吉の番組で。

以上です。

スポンサーリンク