帯状疱疹。症状と発覚までの経緯。アラフィフに仲間入りしたばかりなのに

スポンサーリンク

帯状疱疹。症状と発覚までの経緯。アラフィフに仲間入りしたばかりなのに

まだ40代。でも後半。

アラフィフに仲間入りしたばかりと思っていたのだが、最近、帯状疱疹になってしまった。

しかも、私は専業主婦😓(子ども一人)

ナニヲ ソンナニ ストレス タマルコトが アルノダロウカ・・・

こういうことを考えるとまた鬱々としてしまうのだが。

 

今回、帯状疱疹と分かるまで手こずったので、症状などを記しておこうと思う。どなたかのお役に立てたら幸いだ。

スポンサーリンク

発端は生理痛?!

子どもを生んでしばらくしたら、いわゆる生理不順が起きるようになった。それまではかなり定期的なタイプだったので、「とうとう更年期障害か」という不安があった。

今回、2ヶ月ぶりにきた生理とともに、腹痛(生理痛)も。

左側のお腹。

おへそから数センチ左に離れた辺りが痛む。

しかし、何やらいつもと違う。

痛みは生理痛と似ているのだが、痛い期間が長い。

通常、私は生理前日と二日目が痛くなり、それ以外はほとんど大丈夫なのだが、今回は何日間も痛いのだ。

生理が終わっても、お腹の内部が痛い

また、皮膚の表面もピリピリする感じ。

内蔵も痛いが、皮膚表面も痛い。

変な感じだった。

皮膚表面は、へその左側だけでなく、左の背中辺りもボヤーッと違和感を感じていた。

しかし、とにかく生理痛だと思いこんでいた私は、「とうとう更年期障害かぁ。生理も上がるのかなぁ。断末魔の叫びはこんな感じなのかぁ。」などと考えていた。

そんな日が数日続いたころ。

とうとう発疹と水ぶくれ

ふと気がつくと、へその左側に赤いポツポツが横に4cmほど出来ていた。

痒くもないし痛くもない。

ポツポツの先頭を見ると、水疱のようにも見えた。

もともと、ニキビ肌の私は、咄嗟にニキビ的な何かかと感じた。

内蔵の腹痛は収まらないどころか、どんどん強くなっていった。

この頃感じていたことは、「内蔵が壊死して、菌が皮膚表面に出てきてタダレた(ポツポツが現れた)」ような感覚。分かって頂けるだろうか。

そうこうするうちに、左の背中にも赤い発疹が出た。

こちらは少し痒い。

でも触ると痛い。

へその左にあるポツポツは水疱が大きくなり、洋服が当たるとピリピリ・チリチリ感じるように。

発疹が出始めてから3日くらい経っていた。

病院に

夫も病院に行ったほうが良いと言ってくれるのだが、生理痛だと思っていた私は、婦人科に行くべきか内科に行くべきかで悩んでいた。😅

そして、専業主婦の私は、稼いでいないのに病院に行くのが大嫌い😭(←間違ってますよね、分かってるんですけど)

発疹が出たのが週末だったので、週が明けるまで家で耐えていたのだった。

夫の一言で

夫にも発疹を見せて腹が痛いとアピールしていた所、夫がふと「帯状疱疹じゃない?」と。

そこでネットで調べてみると、ドンピシャだった。

身体の左右どちらか一方に、ピリピリと刺すような痛みと、これに続いて赤い斑点(はんてん)と小さな水ぶくれが帯状(おびじょう)にあらわれる病気です。この症状に由来して、「帯状疱疹(たいじょうほうしん)」という病名がつけられました。帯状疱疹は、身体の中に潜(ひそ)んでいたヘルペスウイルスの一種、水痘(すいとう)・帯状疱疹ウイルスによって起こります。水ぼうそうにかかったことのある人なら、誰でも帯状疱疹になる可能性があります。

引用元:https://www.maruho.co.jp/kanja/taijouhoushin/about.html

帯状疱疹の(初期の)特徴は、左右どちらか一方に症状がでること。また、ピリピリとした痛みという形容詞から、「これに間違いない!」となり、皮膚科を予約して早速行ったのだった。

果たして帯状疱疹だった

診断は帯状疱疹。

よく効くというお高い飲み薬を処方してもらい、また、塗り薬も頂いた。

薬を飲み始めて3日くらいから痛みが引いてくるとのこと。

病院に行った日は本当に腹痛が酷かった。お腹の中も痛いし、皮膚の表面も痛い。

適宜、市販の痛み止めを飲みながらやり過ごした。

 

ちなみに、腹痛に関してだが、最初は軽い生理痛という感じでやり過ごせる痛み。それが日を追うごとにどんどん痛くなってきた。

病院で教わったこと

  • 加齢ストレス過労などが引き金となってウイルスに対する免疫力が低下すると、潜んでいたウイルスが再び活動を始め、神経を伝わって皮膚に到達し、帯状疱疹として発症
  • 身体の左右どちらか一方の神経に沿って帯状にあらわれるのが初期症状で、これが全身に出るようになると、ウィルスが血液にのって全身に回ったことを意味する。
  • 通常は生涯に1 度しか発症しないが、複数回、発症する人もいる。
  • 水ぼうそうの予防接種をしていない乳幼児などに、水ぼうそうとしてうつすことがある。(予防接種1回だけのお子さんにも)。
  • お風呂は入って良い。温めたほうが痛みがひく(実際、私もお風呂に入ると痛みが減る)。患部が冷えると痛みが増す。
  • 神経の炎症が強く損傷が激しいと、神経痛として残ることがある。
  • 皮膚の発疹がかさぶたとなり完治するまでは1ヶ月程度かかる。

さいごに

専業主婦でものすごく手抜きしている自分がなぜ帯状疱疹なんかに・・・と後ろめたさを感じているのだが・・・嗚呼、これもきっとまた精神的ストレスになってるんだな(笑)

コロナもあり家に閉じこもっており(大人と誰とも話さない)、小学校低学年の扱いづらい息子と密室にいることが多く、ストレスは感じているので、そういった所から免疫が下がっていたのだろうか。

それとも、ただの加齢だろうか。

とにかく、「帯状疱疹で済んでよかった」と思うことにし、まずはしっかり治して、もっと免疫を上げるような生活を送るべく、改善しなければ。

スポンサーリンク