スポンサーリンク

小2息子、リソースルームを申し込んでみた

スポンサーリンク

小2息子、リソースルームを申し込んでみた

先日記事に書いたリソースルーム申込みの件、電話で担任に質問し、結局、申込みをさせてもらいました。

スポンサーリンク

目的

前回記事に書いた通り、目的は漢字の書き取り。

息子の意見

前回の記事では、「ちょっとまだ悩みたい」と伸ばし伸ばしにしていた息子。どうするの?と何回か聞き、提出期限を迎えたので、決めなければなりません。

申し込んだら絶対にリソースルームに行かなきゃいかないんだったら、ヤダ。とのこと。

そうでなければ、念のため申し込んでおきたいというのが、彼のファイナルアンサーでした。

ということで、息子の疑問を担任の先生へ電話で聞いてみました。

質問内容

電話で質問させて頂いた内容は、「とりあえず申し込んでみて、本人が教室で勉強できそうとなったらリソースルームを使わず教室で勉強してもいいのか?」ということ。

担任の先生からは、制度上、そういう使用は可能との返答でした。

しかし、それ以前に、申し込んだ人が全員利用できるわけではなく、教育委員会(?なのかちょっとよく分かってませんが)など、なんらかの機関にて利用の可否が協議されるとのこと。

利用希望者が多い場合、利用したいと思っても利用できないこともあるということですね。

「いずれにしても、備考に意向を書いて提出して下さい」と言って頂けたので、申込みすることにしました。

さいごに

果たして息子の学習環境はどうなるのでしょうか。

ま、それ以前に、コロナの休校明けがどうなるのかという心配がありますけどね。

学校再開後、怒涛の詰め込み授業が開始されたら・・・リソースルーム申し込んでおいてよかった、となるかもしれません。

また変化があったら記事にしたいと思います。

スポンサーリンク