中学受験「でる順小学校まるごと暗記カード」を買ってみた

スポンサーリンク

中学受験「でる順小学校まるごと暗記カード」を買ってみた

中学受験するかしないか決まっていませんが、(私が)最低限の範囲とボリュームを知りたいのと、ここに書いてある知識は覚えておいて損はないと思い、「でる順小学校まるごと暗記カード」を書店で購入しました。

駐車場代のために書店で購入したという側面もあるのですが

まだまだ、活用できていませんが、感想を記事として書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

「でる順小学校まるごと暗記カード」ポイント

  • 中学入試にでるポイントが,4教科分まとまった暗記カードブックです。
  • ミシン目にそって切りはなし,リングでとじれば自分だけの「暗記帳」になります。
  • オモテ面とウラ面を交互にチェックすれば重要事項を暗記することができます。
  • 入試に対応した重要度がわかる「でる度」ランクつき。

Amazon「でる順小学校まるごと暗記カード」より

「でる順小学校まるごと暗記カード」内容

旺文社のホームページから試し読みすることができます。
http://obunsha.tameshiyo.me/9784010112564

 

目次

各教科の枚数と内容は以下の通りです。

国語(計210枚)
  • 漢字
  • 同音異義語・同訓異字
  • 対義語・類義語
  • 四字熟語
  • 慣用句・ことわざ

↓国語は四字熟語や慣用句・ことわざなど、息子と一緒にクイズ形式で楽しめそうだなと感じました。

社会(計280枚)
  • 都道府県
  • 地理キーワード
  • 歴史人物
  • 歴史キーワード
  • 政治国際

↓都道府県のカード。

算数(計168枚)
  • 計算
  • 図形
  • 文章題

↓これは計算問題。算数は暗記内容が書かれているというより、問題が載っている感じで、恐らく我が家では活用できないでしょう😂

理科(計224枚)
  • 力・電気
  • 物質
  • 地球・宇宙
  • 生き物

↓理科も小難しい問題が載っている感じ。息子は食いつかないでしょう。また、息子がこの問題を解けるようになるのは、まだまだ先だろうなぁと感じました。

リング8個付

リングはプラスチック製で4色x2の8個付き。

輪っかも小さく、プラスチック製は紙が滑りづらいし、使いづらいなぁと感じました。

社会の枚数が多く、家にあった金属製のリングも使いました。

↓こんな感じのやつです。

created by Rinker
ソニック(Sonic)
¥362(2021/07/27 08:35:15時点 Amazon調べ-詳細)

100均でも売ってそうですよね!(なかったらすみません)

カードを切る作業は

カードを切る作業は思ったより綺麗に切れましたが、やはり時間がかかりました。

本体から切り離す時は4枚程度をまとめて一気に切り取りました。

何回も点線を折り返してから切り離すとうまくいきますyo。

各ページを切り離すときは、8枚程度でも切り離せました。

さいごに

本記事では、「でる順小学校まるごと暗記カード」について簡単なレビューを行いました。

私は、中学受験の最低限の出題範囲をなんとなく知りたかったので、まぁ良かったかなと思います。

しかし、「暗記カード」として考えると、算数と理科のカード内容は「問題」が多いので、なくても良かったのでは?と思います。うちでは、国語と社会だけしか使わないかもしれません。

ちなみに、歴史カードで家族で問題を出し合いました。息子が少し馴染みのある戦国時代を中心にクイズ形式で行ったのですが、かなりグダグダな感じでしたyo。理解して覚えているように見えて、全くでしたね。

もう一度、AmazonPrimeで「まんが日本史」を見直そうと思っています。

スポンサーリンク