小3家庭訪問での先生の一言からプチパニック状態

スポンサーリンク

小3家庭訪問での先生の一言からプチパニック状態

コロナ禍のなか行われた小3息子の担任による家庭訪問。厳しいことで有名な担任は、頑なに玄関先から動こうとせず固辞の姿勢だった。

その日の家庭訪問トップバッターだったので、いつも話が長くなってしまう私は10分で終わらせようと、簡潔に済ませる心づもりだけはしていた。

一応、お茶菓子とペットボトルのお茶は用意していました。(先生、お茶だけお持ち帰り)

スポンサーリンク

学校での引き継ぎはないのか

先生は、家での息子の様子や私が気になっている点などを質問してきた。

毎年思うのだが、前年からの引き継ぎはないのだろうか。しかも、うちの息子は通級を考えていたし、検査結果も提出しているし、これまでの療育データも関係各所から学校へ行っている筈なのだが。

そんな疑問を抱きつつ、私の不安なことを話した。

お腹が痛くなっても誰にも言えないようなんです。」

先生は、驚いて「あらー、そうなんですか」と。

そうなんですよ。

 

また、先生の指示が通りづらく、よく取り違えてくるということも伝えたが、「そうなんですねー」と。ただ、うちの息子は見かけと違ってかなりボンヤリ君であるということは見抜いていたのか、席は一番前にしてくれているようで、少し安心はした。

先生からの不意の一言

「お友達はどうですか?仲の良い子は誰ですか?」と先生から逆に聞かれる。

仲の良い子は、A君、B君と名前を上げた。

A君と聞いて「へー」という表情。

後から息子に聞いたら、たしかにA君とは3年生になってから学校でも全く遊んでいないとのこと。。。

そして、先生から「以前のアンケート(?)で一番の仲良しは隣の組にいると書いていたので」と。

 

私の認識では、一番の仲良しは同じクラスのB君なのだが。

 

そして、

「休み時間は女の子と遊んでいることが多いです」という笑顔の先生。

 

もうこの一言から、私の心はモヤモヤ・・・・モヤモヤ・・・・

 

いやね、1年・2年生の間はずっと担任から「お友達関係は問題ないですね」と言われ続けていたので、なんというか、今まであまり不安に感じてこなかった所が一気にクローズアップされ、私の心にズッシリ居座ってしまったのだった。

息子は友達が多いタイプではない

小1の頃から、クラスの中でも大人しい(でもとても良い子たちだと思う)男子2~3名と一緒にいる感じだったから、友達は少ないということは分かっていた

息子は「一人が好き、ラク」というタイプではなく、友達が大好き。一人ではプールも怖いし鉄棒も嫌だけど、友達と一緒だったらなんとかできる。だから、たとえ気の合う子が一人でもいいから友達がいればいいと思っていた。

休み時間に女子と遊ぶのはどういうことなのだろうか。

いや、別に友達が女子でもいいのだが

モヤモヤ。

平日全く遊ばない

一人っ子の息子。とても怖がりで不安が強く、公園へフラッと一人で行くことができない。近くのコンビニへ買い物もまだ行けない。

誰かと約束していれば行けるのだが、フラッと公園へ行くことができない

小2の後半から、放課後に外で一緒に遊んでくれる子達もいて、そのうち何人かは同じクラスになったのだが、小3になってから、特にゴールデン・ウィークが明けてから、平日に外でも内でもお友達と遊ばなくなってしまった

「お家に呼んでいいよ」と伝えているのだが、我が家にはビデオゲームが一切ない。それも不人気な理由になっているのだろうか。

 

これではコロナの自粛のときと一緒だ

ということで、習い事のない日は、ずーーーーーーーーーーっと私と家にいる🤢

家にいてずーーーーーーーっとテレビ(録画、Amazonプライム、Youtubeなど)を見ている。バラエティ番組、クレヨンしんちゃん、ドラえもん、レゴニンジャゴー、なぜかサザエさん・・・

連続で見まくっているから何回か注意するのだが、結局、最後に私が大声で怒鳴りつけてテレビを消す。

シンドイ。

家にいてテレビを見まくっているのなら勉強しよう!と英語をやる、算数の問題集をやる、この暗記モノを覚えよう・・・イロイロ考えるが、息子は断固拒否!勉強なんて大嫌い!になってしまっている。

サイアクだ。

強育虐待だ。

 

息子に、「外で遊んでおいで!勉強したくなかったら友達と遊んできな!」と言って無理に外に追いやるも、家の周りを一人で寂しそうにJボードをやったり竹馬をやったり。ものの数分で家に戻ってくる。

「そもそも不安が強い子なんだから、外に出るだけで大変」とスクールカウンセラーさんから言われたことを思い出して、「外遊び(友達と遊ぶ) or 勉強」という二択は、息子にとってはどちらも不可能に近い、逃げ場のない追い込みなのだろうと、再び、自己嫌悪に陥る私。

苦しい

なんでこんなに苦しいのだろう。

私が不安で押しつぶされそうだ。

息子は、毎日、全然輝いていない。

幼稚園の頃は、キラキラしてたなぁ。

一生懸命、楽しそうに生きてた

 

どうしてあの輝きが消えてしまうのだろう。

私はどうしたらいいんだろう。

なんとか家から連れ出そうとして、土曜日に、図書館へ行きそのまま児童館へ行ってみた。

小3で母親と一緒に2人で児童館に行き、最終的に私と2人で卓球をした。

知っている同級生の男の子はおらず遊び相手もあまりいなかったのだが、母と一緒に児童館は恥ずかしくないのだろうか。

息子に「恥ずかしくない?」と聞いたら、「なんで恥ずかしいの?」と逆に聞かれてしまった。

また私と2人で児童館で卓球をしたいそうだ。

私が一緒に行くことで外に出られるのであれば、一緒に行くべきなのだろか。

本人は見られて恥ずかしいという感情はないようだし、何より本人が望んでいるようなので、しばらく一緒に行動してみようかな。

東京は雨だけれど。

習い事を

今後、全く友達関係が増えなかったら、シンドイけれど習い事を増やして行こうかと考えている。

本当は、友達と外でドロケーやったり缶蹴りしたり、年上の子、年下の子、ルールを決めたり話し合ったり、探検したり、いろいろなことを経験して欲しいのだが、それが叶わないのなら、「お金を払ってでも」そういう仲間を見つけたい。。。

 

一人っ子にしてしまったのもイケなかったのではないか。

従兄弟もいない。

将来、たった一人になってしまったらどうしよう。

 

将来?

将来、どうなるだろう。

スポーツも不得手だ。

勉強も残念

好きなことと言えば、テレビをぼーっと見ることだけ

 

ということで、先生の一言から、私はずっと密かにプチパニック状態となっており、精神状態が著しく危ないのだった。

夫に相談してもそれで終わり。
なんなら「お前が悪い」くらいに思っているんだろうなあって。
嗚呼、なんか不幸だなぁ。

スポンサーリンク