スクールカウンセリング第5回:「東京都子供への虐待の防止等に関する条例」にビックリ

いつもお世話になっているスクールカウンセラーさん。ちなみに、息子ではなく私がお世話になっています。 無料だしね ( • ̀ω•́ )b ✧

今回は5回目。備忘録として残しておきます。

長丁場

今回とてつもなく長かった・・・3時間くらい・・・カウンセラーさんがたくさん話してくれた。なかなか相談を終わらせることができない私。話を途中で打ち切るのが苦手だ。

前半は学校への私の不満

前半は、学校の先生に対する私の文句。息子への対応ではなく、全体的な指導の方法に対する疑問(2学期、学校の様子をかなり見る機会があったので)。

クラスに、みんなと同じタイミングでできない生徒さんがいる(男児)。悪気はまったくなく、できる子になりたいというピュアな希望を持っている。しかし、うっかり給食の牛乳瓶を落としてしまう。ピアニカを出すのが遅い。忘れ物も多い。 ※件の生徒さんは通級に通っている。

担任は、みんなの前に立たせて、

「○○くん、そんなことで泣いているのは、おかしいよ?」「みんなできているよ」

また、行動が遅くなった時も、

○○くんだけできてないよ。みんなできているよ」

と。かなり厳しい口調でみんなの前で責め立てる。

人格を下げるような、「自分は他人と違うんだ」とか「自分はおかしいんだ」とか「自分は普通じゃないんだ」とか思うような非難の仕方はやめて欲しいのです。

ただ、行動だけを注意してほしいのです。そして、次はどうしたらいいのか、一緒に考えてあげて欲しいのです。できればクラスみんなで。

ということを、担任には私からまだ直接言えないから、カウンセラーさんに愚痴として言ってみた。

 

カウンセラーさんは、「みんなと同じようにできるように指導するのを親が望んでいる」と。

私は、そもそも、みんなと同じを求める風潮がおかしいと思うのだが、やはり依然として、「みんなと同じにできるように指導して欲しい」と思う親が多いようだ。

うーん。親がそう考えていると、もうしょうがないのかなぁ。

確かに、担任とその男の子のお母さんはよく立ち話をされて、情報交換はかなり密にしている。通級での様子もきちんとフィードバック受けてるだろうなと思うので、敢えて叱責しているはずだ(この担任の先生はとても優秀)。

私としては、その叱責の内容を変えて欲しいわけだが。

また、 結局、学級崩壊、学年崩壊を起こさせない担任が上からは評価されるし、自治体も望んでいるだろうと。

カウンセラーさん的には、担任を悪く言うのも憚れるのだろうが、私の言いたいことがあまり伝えられなかった感じがして、単純に悲しく感じたのも事実。

以下、後半の内容を書いてみます:

息子の癇癪とADHD

カウンセラーさん曰く、息子はADHDではないとのこと(教室の外から覗いたり、周りの先生に様子を聞いたりはしてくれているが、 とはいえ、息子本人と直接会話していないレベル)。

息子は(私以外には)他害は無いし、授業の立ち歩きもないので、私もADHDというより、ADDあたりなのかなとは思う。

カウンセラーさん曰く、ADHDの癇癪は、それ自体湧き上がってくるもので、周りの反応は関係ないそうだ。息子の癇癪は、私の気を引くためにやっているから、ADHDの癇癪と同じような対応をするのは危険だとのこと。

以前、ペアレント・トレーニングで習った「無視」をやったら、息子がパニック状態に陥ってしまった。そのことを話したら、「あ、その癇癪は無視してはいけないメッセージだったかも」って。

実際、私も、彼の癇癪は私の気を引くためだと思う。言葉にできなくて、でも伝えたいから、癇癪で訴えているのだ。

息子のWISCを見せたら対応が変わった

学校に WISC の結果は出しているのだが、カウンセラーさんは見ていなかったので、今回、見せてみたら、対応が変わりました(笑)

数値を見ただけでADHDは診断できないし、これで発達障害かどうかは分からないけれども、処理速度がここまで遅いということは、支援が必要なレベルだそうです。(苦笑)

息子は、それほどまでに分かりづらいタイプなんだろうな。もっと早く見せておけばよかった。そして、ここまで対応が変わるんだったら、診断付けたほうがいいのかなぁ。カウンセラーさん曰く、「現状、日常生活で困ってなければいらないかもしれない。困り具合だから」ということでした。

今の所、困っているのは、私だけなのだ。癇癪起こされて叩かれて毎日、イライラして疲弊しているのは、私だけ。学校の友だちも、先生も大丈夫。本人はすぐイライラするから少しはツライはず。その困り具合がどのくらいかに依るんだろうな。

私がツライと言っているのが、少し分かってもらえた感じがしたのは、なんだかホッとできた。数値の威力は偉大だな。そういう意味では、WISCとっておいてよかったのかもしれない。

レッテルはどうでもいい。日々を今より少しでも楽に生きたいだけ。

息子が発達障害なのか、私がメンタル的に病んでるだけなのか、診断つこうがレッテルつこうが、ぶっちゃけどうでも良い。

ただ、今、私は育児が上手くいっていない。怒りまくって怒鳴り散らして息子をスポイルしてしまうことが多い。自己肯定感を下げまくっている。それをなんとかしたいだけなのに。私が悪いんだったら、私が改める。どう対応したらいいか、知りたいだけだ。

どうして誰も分かってくれないんだろうか。

数値を見た後の息子の癇癪について

ちなみに、数値を見た後のカウンセラーさんによる、息子のイライラ癇癪についての解釈は、

言語性IQは平均あるから、物事は分かっている。それに比べて処理速度が極端に低いから、思っているように、できない。そして、できないことも分かる。そういったことに対するイライラだろうと。言葉で説明してくれないのも、頭では(概念では)分かっている。でも言葉にできない。で、イライラ。

御意。肝に命じます。

怒ってもしょうがない。できないんだからね。

実行機能

この記事を書きながら、「実行機能」という単語が浮かんだので、検索してみた。

↓これ、私やないかい!苦笑

東京都の条例

今回、息子を怒って怒鳴ってばかりいると相談したら、カウンセラー中に「東京都子供への虐待の防止等に関する条例」が紹介されましたよ。みなさん、ご存知でした?

怒鳴るのは虐待だそうですyo

怒鳴るのはよくない。もちろん、分かってるよ。それができないから苦しくて自らいろんな所に相談に行ってるんだよ。でもそれを「虐待」って言われちゃうと、もう苦しいばっかりで逃げ場がない。どうして怒鳴ってしまうのか、そういう所をサポートする手段は?相談所が紹介されているけど、そこに行った所で解決できない状態が想像できるのだが。

ふう。

マインドフルネス

ずっとやりたいやりたいと思っていて、できていないマインドフルネス。

今回、カウンセラーさんにポイントだけ教わった。一番カンタンなのは、自分の呼吸に注意する方法。頭の中に湧いてくる雑念を捨てていくそうだ。

「Youtubeにも動画があるからやってみるといいですよ」とのことで、今朝、ちょっとチャレンジしてみた。継続してできるかなあ?

息子のイライラの原因は

睡眠不足かも?

息子は、朝起きてからイライラすることが多い。「もっと早く起きたかったのに起きれなかった!」「これじゃ遅刻する!」で、イライラ癇癪。 (実際は、40分以上もあるから普通に支度すれば問題ない)

そのことを話すと、カウンセラーさんは「もっと早く寝かせましょう」と。確かに。ここは反省点だ。私自身が改善できる、すごく実務的な内容だ!今、だいたい布団に入るのが9時半になてしまっている。。。これを8時半にしたい。

「一日の時間割を円グラフで作ってみましょう」と。

・・・

私の苦手分野。

ルーチン化した生活を送りたくない。(ボソ)

いや、そんなことを言ってる場合では、ないのだ!!!

カウンセラーさんからのアドバイスは、「義務だと思って、やりたくないことをやらされていると思うと絶対に辛くなる」と。私が潰れる。「育児を義務だと思うと辛くなる。楽しめるといいんだけど」って。

また、未来にこうなっていたい姿を思い描いて、それをモチベーションにコツコツ毎日積み上げていくと少し楽になるとのこと。

難しいな。

ちなみに、昨日は9時前にお布団の中には入れた。でも、今朝、起きたらまた不機嫌だった。理由は不明。。。爆

習い事が多すぎる

習い事が多すぎる、とも言われた。「これだけ処理速度が遅い子が、逆によくこなしているよ。」と。

嗚呼、ここは本当にメスを入れたい所。

3個もやっていて、小学校に上がったら、見直したいと思っていたのだが、本人は「やめたくない」と。うーん、行きたくないと言う習い事でも「やめたくない」って。

ちょっと考えよう。

交流分析、エゴグラム

私自身の自己肯定感の低さに話が及び、「交流分析」が良いかもしれないと。時間があったら調べてみようと思う。

さいごに

結局はムダな時間を過ごしてしまったかもしれない。でも、たまにこうやって自分の生活を振り返る時間がないと、流されてしまうので。

** ポチ頂けると嬉しいです **