エモい一日

※子どもの小学校へ行くことが多いのです。

5分休みの間。

担任の先生が、廊下でベテラン先生と何やら相談している。泣きながら。

「どうしたんだろう」と思っていると、意を決した様子で教室に入ってくる。

担任がついさっきまで泣いていたのは明らかだ。

子どもたちを前に集め、話し出す。

「実は、先生ね、お腹に赤ちゃんが出来たんだ・・・」

アカン。書きながら、また泣きそう。

 

まだ若い先生なのだが、数週間前、たまたま、「私の所には赤ちゃんは来ないんじゃないかと思うんです」なんていうことを話していて。(いろいろ理由はあるようですが、書きません)

 

この嬉しいニュースだけでも泣きそうなのに、生徒の一人で、猛烈に泣いている女の子がいる。

その子のお母さんは、今、妊娠中だ。

なぜ、彼女があれほど泣いているのか正直わからないのだが、その涙を見て、おばはんの私も泣く。

良い子だなぁ。

そして、その日はクラスに入っているインターン生(大学生)の最終日だった。

5時間目に子どもたちが企画したサプライズ・パーティー。みんなでゲームをして、子どもたちのお手紙を渡す。

サプライズ・パーティーで教室に連れて来られたインターン生の涙を見たらね、おばはんの私も泣く。

書けないけど(すみません) 、他にもいろいろあって。

エモーション が タッチ されて 心が ムーブ しまくる一日でした。

筋肉と同じように感情も硬直しているおばはん。

たまには、こんな日があってもいい。

** ポチ頂けると嬉しいです **