発達凸凹小1息子、学校で思考の柔軟性の無さを見せる

学校へ行くことが多く、小1息子の教室での様子を垣間見ることができる。

4歳台で受けた田中ビネーの検査。心理士の先生に指摘されたのは、思考の柔軟性のなさ。

算数ノートの件

帰りの会で先生から算数ノートが返された。この時に返されたのは息子と数人(先生のチェックが終わってる人だけ)。

次の日は算数は無かった。朝の会にて、その他の生徒に算数ノートが返された。

そしたら、何をどう勘違いしたのか、息子はみんなが算数ノートを持ってきていると思い込んで、私に当たってきた。

※この日は算数はないから、算数ノートは学校に持ってこなくて良い。

彼の主張は、「教科書をランドセルに揃えたのはママだから(お恥ずかしいです)、算数ノートが今手元にないのはママのせいだ!」ということらしい。

そもそも、その日は算数がないから、算数ノートが手元になくて良いのだが、そこが分からない。

みんな持っているから持たなきゃいけないと思い込んでいる。

先生が説明してくれたが、腑に落ちてない。

なんでだ。なんで目的を理解できないんだ。ルールに従うこと、みんなと一緒であることが重要じゃないのに。

私がランドセルの中の教科書を揃えてしまったのも いけなかった。

(一応、確認しながら一緒にやりました。)

絵の具のパレットの使い方

絵の具の授業で、パレットの使い方に戸惑っていた。

ここのスペースを使ってもいいの?というところで固まっていた。

「いいんだよ」と伝えても、「ダメなんだよ」って。

先生は説明した時に、「パレットの使い方を考えないと、スペースがなくなっちゃうから気をつけてね」とは言っていたけど、使っちゃいけないとは言わなかった。しかし、そこは間違って刷り込まれて、しかも、他人の(特に私の)意見は受け入れられない。

転校生への優しくないルール至上主義

転校生が5分休みの時に禁止されているパズル遊びをしてしまった(昼休みなど、長い休みにはしても良い。5分休みは移動や水飲み、トイレが目的ということらしい。実際、5分間しかなくて遊ぶことは難しい)。

転校生は知らないからやってしまっただけだ。でも、息子は「ルールに従っていないからダメ!」と言う。怒る。知らないだけなんだから、優しく教えあげればいいのに。。。

彼の根底にあるのは、自分も遊びたいのに我慢している。それなのに、転校生はパズルをしていて「ずるい」という気持ち。。。

親としては、かなりガックリくる反応だ。

ルールの裏にある【理由】が大切なのに。

先生が決めたルールに従うことが大切じゃないのに。

そういう所は全く分かってない。

ある行動の「目的」や「理由」を考えることができてない。

ゴールと手段を混同している気がする。

うーむ、これは学年が上がってから大丈夫かな。

このままだと、なかなかに生きづらいぞーーーー。

** ポチ頂けると嬉しいです **