DIY:有孔ボード(ペグボード)を壁(石膏ボード)に取り付けて道具を収納!手順やフック紹介:賃貸でもイケそう!

壁(石膏ボード)に有孔ボードを取り付ける方法を紹介!止め具やフックについても。DIYの道具を収納する方法をネットで検索し、有孔ボードが使いやすそうだなと思ったのでDIY初心者だけどやってみることに。 石膏ボードへの止め具は細い釘なので賃貸でも大丈夫そうです!最後に海外のオシャレなサイトも紹介。

作業はなんとか主婦の私一人で やったが、二人いたほうが設置はラクだと思う。

完成写真

狭いスペースの所なので、写真をうまく撮影できない。上下、分けてパシャ!

有孔ボード棚:上半分
有孔ボード棚:上半分
 有孔ボード棚:下半分
有孔ボード棚:下半分

棚を作る前に・・・

我が家は、設置場所の壁紙に問題がありまして、まずはその補修

必要な材料・道具

近所のホームセンターで調達しました。詳細はの写真は手順の中で紹介していきますね。

  • 有孔ボード:ベニヤ1枚分の有孔ボードを購入し、 設置場所の幅に合わせて無料でカットしてもらった。3つに分けた。
  • 水性ニス
  • 水性ニス用の刷毛
  • パンチングボード用石膏ボード止め具セット
  • 有孔ボードのフックいくつか

設置方法

有孔ボードにニスを塗って乾かす

塗っている写真がないが・・・、 一度塗りだったと思う。

ニスと刷毛はホームセンターで購入。ニスの受け皿は、マーガリンの空き容器。手袋は百均で購入したもの。

パンチングボード用石膏ボード止め具セット

壁(石膏ボード)に有孔ボードを止められるセットだ。ホームセンターで購入。

パンチングボード用石膏ボード止め具セット
パンチングボード用石膏ボード止め具セット

説明書に従い取り付けていく。説明書自体は簡単で、やり方はすぐ分かるのだが、実際には微妙にずれたり大変だった。

まず、台座を一つ取り付ける。金槌で慎重にトントン・・・

細いピンを4本、斜めに打っていく
細いピンを4本、斜めに打っていく

有孔ボードはフックをかけるために裏にスキマが必要

ボードを実際に手に取るまで分かっていなかったのだが、有孔ボードは壁との間にスキマができる。このスキマがないと、フックを自由に付けたり外したりすることができない。


有孔ボードを横から見た図。壁との間にスキマが必要。

固定した台座の上に 有孔ボードを置き、ワッシャーをかましビスで止めて、黒丸キャップをはめる。

↓下図が止め具製品についている図だ。分かりやすい。

写真取り忘れAmazonさんより拝借
黄色の○の所が止め具。4箇所とめる。
設置した所。

私が使っている止め具とフック

フックも色々ある。気をつけるべきは、有効ボードの穴の直径。フックによっては穴の間の間隔が何ミリかも重要になる。

最初、100均でそれらしいフックを買ったが、はまらなかった・・・失敗。

使ったことないが、良さそうなフック達

特に、樹脂フックは使いやすそうだ。私は脱シリコンを目指しているので、使うことはなさそうだが、使い勝手はよさそう。

いまさらググってみた

pegboard でググってみました。

まぁ、オシャレなペグボード!

ペグボードは古典的なガレージ収納方法なんですね。

ガレージの整理整頓

話がそれていきますが・・・ガレージの整理整頓で気持ちのいいサイトがあったので↓

** ポチ頂けると嬉しいです **